春の花咲く実光院
          
春の花咲く実光院_f0155048_23093552.jpg
お花を愛するお寺、実光院。
今年の春はいろいろな花が一度に咲き始めて百花繚乱でした。

(※4月18日撮影)





春の花咲く実光院_f0155048_23094932.jpg
実光院へ。
久しぶりにお茶をいただきました。

春の花咲く実光院_f0155048_23100698.jpg
池のところには遅咲きの桜が満開になっていました。


春の花咲く実光院_f0155048_23101384.jpg
この池の主さんの鯉ですが、ホントに良い場所を泳いでくれます。
撮影慣れしてるのかな?(笑)

春の花咲く実光院_f0155048_23102149.jpg
さて、早速お庭を歩いてみましょう。
超!のつくほどの満開になっていたのは利休梅。

春の花咲く実光院_f0155048_23103847.jpg
こんなにモリモリに。圧巻ですね。

春の花咲く実光院_f0155048_23104951.jpg
こちらはコマユミ。
可愛らしい花です。

春の花咲く実光院_f0155048_23105809.jpg
こんな花。秋の実もかわいいですが、花もかわいいですね。

春の花咲く実光院_f0155048_23110706.jpg
満開だったので思わずしばらく撮影しちゃいました。

春の花咲く実光院_f0155048_23112585.jpg
お庭の奥では石楠花も咲いていましたが、小さな花たちも・・・
この写真の左下あたりです。

春の花咲く実光院_f0155048_23113706.jpg
庭桜、です。
桜色の花がかわいいですね。
ちゃんとバラ科サクラ属の花です。

春の花咲く実光院_f0155048_23113989.jpg
そして、その横には蜆花(シジミバナ)も満開に。

春の花咲く実光院_f0155048_23114496.jpg
この花もバラ科なんですよ。お察しの通り、蜆の身に似た花の形が名前の由来です。
別名、エクボバナとも言われます。

春の花咲く実光院_f0155048_23115042.jpg
庭桜は、小さな庭でも楽しめる桜、という意味でつけられたそう。
確かに背丈も低く、ミニチュアみたいですね。

春の花咲く実光院_f0155048_23120083.jpg
この庭桜と蜆花が同じところにギュッと咲いています。
春の小さな花の競演ですね。

春の花咲く実光院_f0155048_23122147.jpg
外側から、池の畔の桜を。
新緑も色を濃くしてくる時期ですね。

春の花咲く実光院_f0155048_23122774.jpg
足元の苔にはイカリソウの花。

春の花咲く実光院_f0155048_23123062.jpg
そして、よ~くみると、苔の花も満開。
そして、その合間に落ちているのは、モミジの花です。

春の花咲く実光院_f0155048_23124116.jpg
イカリソウの葉、新緑のころは数枚赤くなるんですね。
かわいいなぁ。

春の花咲く実光院_f0155048_23125011.jpg
キリシマツツジは開花直前の蕾パンパン状態でした。
来週見に来なくっちゃ、と思っていたら、緊急事態宣言・・・
この翌日から拝観が停止になってしまいました。

春の花咲く実光院_f0155048_23125573.jpg
タイツリソウも満開。

春の花咲く実光院_f0155048_23125889.jpg
紅白揃っています。
この花を見ると、楽しい気分になるのは私だけですかね?(笑)

春の花咲く実光院_f0155048_23130342.jpg
ハナズオウも満開。

春の花咲く実光院_f0155048_23131492.jpg
足元には、小さなスズランまで!
本当に色々咲いていて驚きです。
お寺のお母さんも「今年は全部が咲き急ぐように一遍に咲いてしまって」と
驚いておられました。
春の花咲く実光院_f0155048_23133485.jpg
最後にもう一度池を眺めて・・と。
ほら、やっぱり主の鯉さん、ちゃんと顔を出してくれます(^^)


春の花咲く実光院_f0155048_23133815.jpg
桜を眺めてから実光院を後にしました。

春の花咲く実光院_f0155048_23134730.jpg
実光院を出て律川にかかる末明橋(茅穂橋)。
新緑がトンネルとなるいい季節です。

春の花盛りを見られた実光院。緊急事態宣言前ギリギリでしたが、
見せていただけてうれしかったです。



by kwc_photo | 2021-06-28 07:28 | 京都(Kyoto)
    
<< 2021桜咲く奈良 如意輪寺を... 2021桜咲く京都 粟生光明寺... >>