2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)
          
2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23270533.jpg
魅惑の修学院離宮、後編は浴龍池めぐりです。
本当に見事な庭園、池の水面に映り込む景色も必見です。

(※11月26日撮影)





2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23275832.jpg
隣雲亭の紅葉、まだ見頃を保ってくれていて嬉しい~。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23273699.jpg
おそらく先の台風で枝ぶりが少し変わってしまいましたが、
この紅葉越しに見下ろす浴龍池は本当に素晴らしいんです。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23274190.jpg
足元には散り紅葉。
後水尾上皇はこの光景を楽しむために、隣雲亭を作られました。
本当に簡素な建物なんですよ。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23275250.jpg
やはり上離宮は別格の美しさです。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23283998.jpg
日暮れ近し。
雲が割れて、天使の階段が。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23292444.jpg
京都市内の町並みを見下ろせるこの場所。
なるほど、隣雲亭、という名付けの意味もわかりますね。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23291146.jpg
浴龍池の紅葉もまだ見頃のようです。これは楽しみ!

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23295185.jpg
さて、隣雲亭を下っていきましょう。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23295557.jpg
池の方へと続く散策道になっています。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23300429.jpg
千歳橋がみえてきました。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23302137.jpg
紅葉も鮮やかに彩りを添え、池に映り込む千歳橋も見事。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23302807.jpg
窮邃亭へと進む細道。
苔を踏まないように、と注意を受けます。
靴で踏んでしまうと苔が死んでしまうのです。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23303225.jpg
アングルを変えて。いやはや、鏡面となった浴龍池、これは絶品ですね。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23304693.jpg
紅葉越しに中の島である万松塢(ばんしょうう)を望む。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23312917.jpg
千歳橋を横から眺める。
この橋は参観者は渡れません。
屋根の上に黄金の鳳凰が飛んでいますね。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23313525.jpg
枯蓮のある光景。
晩秋の浴龍池、なるほど夕方に見に来るのもアリですね。
願わくば夕焼けだと最高だったのですが(^^)

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23321395.jpg
窮邃亭から千歳橋を眺める。
紅葉に包まれた橋がすばらしい。
この千歳橋は、1824年に京都所司代の内藤信敦が橋台を、
1827年に天保の改革で有名な水野忠邦が屋形を寄進したというものです。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23324831.jpg
土橋の上から池の向こうの紅葉を眺めました。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23330113.jpg
舟屋の屋根越しに万松塢の紅葉を。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23332511.jpg
いやはや、映り込みも美しく、ずっと眺めていたい気分。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23334334.jpg
こちら側から見る千歳橋も紅葉に包まれて美しいですね。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23341550.jpg
隣雲亭を池越しに見上げました。
お、隣雲亭も池に映り込みましたね。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23343211.jpg
土橋と舟屋の佇まいも、まるで絵画のようです。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23345083.jpg
夏場に来たことがないですが、蓮が咲く様子もみてみたくなりました。
ちなみに、隣雲亭の下に広がる大刈込は、複数の樹木を組み合わせた凝ったもの。
美しく剪定されて一体化されて見えますね。


2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23350159.jpg
万松塢の紅葉や松も美しく手入れされており、後水尾上皇の美意識を今に伝えます。
奥に見えるのが窮邃亭です。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23350836.jpg
さて、そろそろ参観も修了。上離宮のラストカーブです。

2020紅葉きらめく京都 晩秋の修学院離宮(後編・浴龍池編)_f0155048_23351580.jpg
最後は浴龍池に散った紅葉が見送ってくれました。

今シーズンも秋の修学院離宮に訪れることができて幸せでした(^^)


by kwc_photo | 2021-04-02 07:02 | 京都(Kyoto)
    
<< 2021桜咲く京都 近衛邸跡の... Opening!2021桜咲く... >>