大和な雛まつり2021(大和郡山市)
          
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23033788.jpg
大和な雛まつり、今年はコロナ禍もあって規模を縮小して開催されました。
でも、やっぱり飾ってもらったお雛様たちは嬉しそう。
今年も桃の節句の気分を味わえました。

(※2月28日撮影)







大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23044440.jpg
洞泉寺町へ。
昔ながらの町並みが残る場所。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23060122.jpg
ここにある源九郎稲荷神社のしだれ梅が満開を迎えていました。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23053390.jpg
この梅、先代の故中村勘九郎さんが10年前に植樹された梅なんです。
こんなに立派に花をつけるようになりましたよ、勘九郎さん。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23054021.jpg
そして、その梅越しに見えるのは・・・
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23070432.jpg
この神社で毎年展示される雛人形たち。
七段飾りが3組と、いろいろなお人形たち。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23071333.jpg
傍らには、御殿飾りのお雛様もありました。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23072081.jpg
そして、その隣のスペースには、この町の「こいさん、いとさん」と呼ばれた
商家のお嬢様たちが飾って愛おしんだ古いお雛様が。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23072547.jpg
なんとも歴史を感じるお雛様。
神社のお母さんによると、お雛様たちのお顔がツヤっとしているのは、
胡粉を用いているからなのだそうで。高級な作りだったのですね。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23074498.jpg
さて、次へ向かいましょう。
もう一度、しだれ梅を振り返って、源九郎稲荷神社をあとにしました。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23095573.jpg
次に向かったのは町家物語館。
今年は大階段の展示はないと聞いていたのですが、やっぱり来ちゃいますね。
竹をつかった雛飾りが玄関先でお出迎え。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23100723.jpg
ステキなライティング。
豪華な七段飾りです。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23101153.jpg
そして、2階のお部屋では、お琴と御殿飾りの展示が。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23102824.jpg
大切にされてきたであろう御殿飾り。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23104440.jpg
このお雛様たちも、胡粉でお化粧しているようで、つややかな白。
素晴らしいお雛様たちでした。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23111078.jpg
こちらは面白い、脇役たちの宴。
三人官女、五人囃子、上戸たちが並んでいます。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23113479.jpg
脇役だって、すごい着物を着てますよね~。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23112440.jpg
カッコいい~!ん?寝癖ついてるぞ~(笑)
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23114749.jpg
「力」を司る右大臣。
雅な橙の着物です。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23111527.jpg
この子単体でも絵になるようなお人形ですね。凛々しい!
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23121106.jpg
さて、この町家、旧川本家といって、遊郭だったお宅。
洒落た設えが随所に。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23121554.jpg
おなじみの三連の猪目窓。
昔の人もこのハートマークを見て艶っぽく感じたのでしょうか?

大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23501050.jpg
階段の横には、転がるように松の模様の穴が。
やっぱり洒落てますなぁ。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23123434.jpg
再び一階へ。これまた立派なおひなさま。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23125375.jpg
何とも格調高いお人形たちです。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23132299.jpg
坪庭にはシュロチクが。立派です。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23132685.jpg
このシュロチクが見えるお部屋にも七段飾り。
このお部屋に似合いますね~。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23133195.jpg
こちらはかわいらしい三頭身おひなさま。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23133408.jpg
床の間の掛け軸とお雛様も格調高い雰囲気です。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23135089.jpg
帰りは竹籠に鎮座したお内裏様とお雛様が見送ってくれました。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23142423.jpg
最後にやってきたのは箱本館(紺屋)。
藍染の商家です。
さすが金魚の町ですね~。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23144365.jpg
こちらでもお雛様がたのしめます。
つるし雛も見事ですね。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23145013.jpg
そして変わり種はこちら。
金魚のおひなさまです。
上から、黒出目金の大きなのがお内裏様、ランチュウがお雛様ですね。
ちゃんと三人官女、五人囃子も金魚で表現されていました。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23145652.jpg
綿花をあしらったおしゃれな展示。
大和な雛まつり2021(大和郡山市)_f0155048_23150037.jpg
最後は懐かしい「家具調パナカラー」をくり抜いて作った金魚鉢を見て、箱本館をあとにしました。

去年はお雛様を見られなかったので、今年は楽しめてよかったです。



by kwc_photo | 2021-03-03 07:03 | 奈良(Nara) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/32169387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 2020紅葉きらめく京都 秋色... 2020紅葉きらめく京都 大法... >>