雪の滋賀2021 百済寺・本堂編
          
雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21392909.jpg
百済寺の本堂までは、趣のある長い石段が続きます。
金剛輪寺といい、百済寺といい、なかなか足腰の鍛錬が必要な・・・(笑)
そんな石段の雪景色を楽しみつつ、本堂を目指しました。

(※1月30日撮影)







雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21403160.jpg
モノクロの世界に、鮮やかな色を見つけた石段の参道沿い。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21403976.jpg
黄金色をした蝋梅でした。雪蝋梅ですね~。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21405227.jpg
本堂へと続く石段の先に、仁王門が見えてきました。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21410183.jpg
仁王門までの石段がキレイにミルフィーユ状に見えます(^^)

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21412166.jpg
木々にも雪の華。程よいつもり方です。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21414549.jpg
仁王門には大草鞋が掛けてあります。
仁王さまが履いていた草鞋、という設定。
2018年に新調されました。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21420516.jpg
仁王門をくぐって見上げると、石段の上に本堂が見えてきました。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21421398.jpg
重要文化財の本堂は、1650年の建築。
織田信長の焼き討ち後の再建だそうです。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21424623.jpg
熊野三社の主祭神を祀る、三所権現社。
本堂と同時期の建立だそうです。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21425186.jpg
本堂側面。
ちょっと距離が撮れないので、見上げる形になりますね💦

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21425519.jpg
鐘楼は市指定有形文化財。梵鐘は3代目だそうです。
初代は織田信長の焼き討ち時に接収され、二代目は第二次世界大戦で供出。
この鐘は昭和30年の作なのだそうです。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21425989.jpg
なかなか重厚な作りの鐘楼です。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21430299.jpg
参拝者は、鐘を鳴らすことができます。
私も一突き鳴らさせていただきました。
雪景色のなか、いい音色が響きました。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21431209.jpg
本堂にお参りして、再び石段の参道を下ります。
見下ろす仁王門の屋根はキレイに雪でコーティングされていました。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21431622.jpg
石段に積もる雪は風情がよくて素敵ですね。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21433290.jpg
表門まで降りてきました。
少し日がさし始めていました。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21434015.jpg
秋は見事な紅葉トンネルになる参道。

雪の滋賀2021 百済寺・本堂編_f0155048_21434445.jpg
こちらはスキー場のような様相でした。
入り口を止めているので人が踏まなかったからですね。

思いがけず、たっぷりの雪景色を楽しめた百済寺でした。


by kwc_photo | 2021-03-01 07:01 | 滋賀(Shiga) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/32137414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 2020紅葉きらめく京都 大法... 2020紅葉きらめく京都 光明院秋景 >>