夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)
          
夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)_f0155048_22562880.jpg
今年も一年の折り返し地点が参りました。
6月30日は「夏越の大祓」。京都の各神社では茅の輪が設置され、無病息災を祈願して
「茅の輪くぐり」が行われます。

ちょっと早めに茅の輪が設置された護王神社と、25日の「天神さん」の日の前に
茅の輪が設置される北野天満宮を訪れてきましたので、その様子をお届けします。

(※6月24日撮影)





夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)_f0155048_22563698.jpg
紫陽花撮影後の夕刻に訪れた北野天満宮。
今年は茅の輪設置作業が1時間早く行われたそうで、すでに設置完了。
緊急事態宣言解除後も、拝観は17時までとされていますので、門も閉じられ、
すでに翌日の茅の輪くぐりに備えておられました。


夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)_f0155048_22564141.jpg
大きな茅の輪と、七夕飾り。
北野天満宮らしい飾り付けです。


夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)_f0155048_2256508.jpg
せっかくなので茅の輪をくぐりたい、ということで訪れたのは、今年は6/20から茅の輪が設置された護王神社。
夕刻の光の中、茅の輪くぐりをさせていただきましょう。


夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)_f0155048_22573545.jpg
茅の輪はまず輪をくぐって左へ。
そして、再び正面に回って、今度はくぐって右へ、という具合に8の字を描きます。
最後にもう一度正面から左へ回って、茅の輪くぐり完了。
無病息災で過ごせますように。


夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)_f0155048_22575276.jpg
今年は拝殿にいけばなの奉納がありました。
紫陽花も添えられ、季節感がありますね。


夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)_f0155048_22575955.jpg
季節感といえばこちら。
イノシシは護王神社の御神獣。そのイノシシが龍頭の代わりに手水に添えられています。


夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)_f0155048_2258998.jpg
この手水鉢が、今年は花手水になりました。
涼し気な色の紫陽花が美しく浮かべられていました。


夏越の大祓(護王神社・北野天満宮)_f0155048_22584126.jpg
夕闇が迫ってきました。
本当に今年こそ、と思える茅の輪くぐり。無病息災、除災招福を祈願したいですね。
by kwc_photo | 2020-06-30 07:30 | 京都(Kyoto)
    
<< 半夏生(三宅八幡) 2020桜咲く京都 桂昌院桜咲... >>