三千院の石蕗とホトトギス
          
f0155048_2250247.jpg
石蕗の季節。
三千院の聚碧園を彩る黄色い花、石蕗。
秋の花の代表格ですね。

(※10月19日、27日撮影)





f0155048_237347.jpg
聚碧園の縁側から顔を出す黄色い花。


f0155048_22561652.jpg
この子が石蕗(つわぶき)です。
キク科の黄色いお花。


f0155048_22562872.jpg
雨の後で、葉っぱもつややか。
聚碧園も文字通り青々とした「碧(あお)を聚(あつ)めた」お庭になりました。


f0155048_22564717.jpg
この青々とした中に黄色の花が映えますね。


f0155048_22565569.jpg
少し離れた場所からでも香ってくる甘い香り。


f0155048_2257333.jpg
この花が咲いたら、紅葉はもうすぐ。


f0155048_22571555.jpg
秋の深まりを告げるような花です。


f0155048_22581478.jpg
石蕗を楽しんだら・・・


f0155048_2257263.jpg
昨年から始まった「モシュ印」と「コケ寺リウム」を見ましょう。
弥陀三尊の文字がコケで描かれています。


f0155048_2257449.jpg
そして、三千院がぎゅっとガラス鉢の中につまった「コケ寺リウム」。


f0155048_22574969.jpg
こちらはコケで往生極楽院が再現されています。


f0155048_22583345.jpg
さぁ、宸殿から外庭へ出てあるきましょう。
青もみじとコケで緑の世界。


f0155048_22585950.jpg
雨のおかげでコケの青さが際立ちますね。


f0155048_2259811.jpg
往生極楽院も緑に埋もれています。


f0155048_2259479.jpg
秋が深まる前に、青々とした世界を楽しめました。


f0155048_22595749.jpg
味のある石灯籠のコケもキレイ。


f0155048_2315779.jpg
緑の世界の中、色を放つ朱雀門の朱色。


f0155048_2302732.jpg
観音堂の手水鉢の脇で、ホトトギスが咲いていました。


f0155048_2312886.jpg
外庭にはあちこちにこのホトトギスが咲いているんです。


f0155048_2314116.jpg
なかなか立派な株。
花数も多いですね。


f0155048_2314631.jpg
地味な花ではありますが、これだけ咲いてくれると豪華。


f0155048_2323322.jpg
おや、こちらも石蕗が咲いていますね。


f0155048_233683.jpg
今年は夏の暑さが強すぎて、葉が焼けたホトトギスが目立ちました。
こんな感じです。でも花はキレイに咲いてよかった。


f0155048_2331337.jpg
金色不動堂裏でもホトトギス。


f0155048_2332687.jpg
紅葉の始まる前に楽しめる二種類の花を、ふんだんに楽しめるのが三千院です。


f0155048_2333719.jpg
さ、コケを愛でてから帰りましょうか。


f0155048_2334581.jpg
と思ったら、足元にたくさんの種類のきのこが出てきていました。
食べられるのかなぁ?


f0155048_2335270.jpg
帰り道の「芹生」さんの苔庭にもまた違うきのこが生えていました。
雨の後、秋の風物詩ともいえるキノコに出会えた大原でした。
by kwc_photo | 2019-12-02 07:02 | 京都(Kyoto)
    
<< 紅葉が彩る京都2019 染まり... 紅葉が彩る京都2019 萩とモ... >>