一言主神社周辺の彼岸花光景
          
f0155048_23231450.jpg
奈良の彼岸花光景もやっとラスト記事となりました。

私の最もお気に入りの彼岸花光景が広がる、一言主神社周辺です。

ここの棚田は本当にキレイ。
そして、空も広くて、何とものどかな景色が楽しめます。

(※9月26日撮影)





f0155048_23232840.jpg
朝イチに向かった一言主神社。
車を止めて、田んぼの畦を歩かせていただきます。
キレイにラインを描く彼岸花たち。やっぱりここは見事です。


f0155048_2324757.jpg
この太い彼岸花ベルト!
奥の方がくすんで見えるのは、朝露がびっしりついているからなんです。


f0155048_23242149.jpg
こんな感じ。
小さな小さな水滴が、細かい造形美の彼岸花をドレスのように包んでいます。


f0155048_23243387.jpg
抜けるような青空、とはこのことですね。
雲がないのはちょっと面白みに欠けるなぁ、と贅沢をポツリ(笑)


f0155048_23245089.jpg
今年は彼岸花の花期が遅れたので、一部は刈り取り済みの田んぼも。
これはこれで、面白い対比ではあります。


f0155048_23245881.jpg
棚田の造形にあわせて、彼岸花もフォーメーションを組んでいますね(^^)


f0155048_232554.jpg
順光にて。
本当にのどかな農村風景です。


f0155048_23252048.jpg
ここも朝露がいっぱいですね。


f0155048_23253484.jpg
青空、緑の山々、そして赤い彼岸花。
田んぼには黄金色の稲穂も垂れて、色の取り合わせが素晴らしい。


f0155048_23253814.jpg
あぜ道に沿って至るところに咲く彼岸花たち。
これ、9月の最初までは気配もないですからね。ホンの1週間ほど楽しめる光景です。


f0155048_23254691.jpg
東側も歩いてみましょう。
こちらも田園風景が広がります。


f0155048_2326385.jpg
個人的に気に入った一枚。
刈り取り済みの田んぼの向こうに彼岸花が点在。
奥の山並みを望遠でギュッと圧縮してみました。


f0155048_2326187.jpg
キバナコスモスを背景に。
黄色と赤、なかなか鮮烈な取り合わせでした。


f0155048_23263079.jpg
農家の甍を背景に少しいれてみました。


f0155048_2327148.jpg
西の斜面(というか切り立ってましたが)を眺めると、こちらもびっしり彼岸花。
ただ、ド順光だとちょっと面白くはないベタッとした写真になりますね。


f0155048_23272068.jpg
存在感のある大きな木。
彼岸花があるだけで、彩り豊かな風景に。


f0155048_23274488.jpg
再び一言主神社に戻ってきました。
光が全体に回り始めたので、棚田を望遠で。
美しい彼岸花&稲穂ミルフィーユの完成です。


f0155048_23292041.jpg
望んでいた雲が出ました。
やっぱり真っ青よりは、動きが出て素敵。


f0155048_23294712.jpg
稲穂と彼岸花の織りなす光景に、雲の舞。
ずっと見ていられますね。


f0155048_23301324.jpg
この斜面も、やっぱり雲がちょっとあるだけで景色が変わります。


f0155048_23303738.jpg
形を変える雲・・・
どんどん薄くなっていきます。あーん💦


f0155048_23304342.jpg
でも、この光景を今年も見ることが出来てよかった。


f0155048_23311287.jpg
奇跡的に畦に誰も入っていない時間帯が!
最後にドーンと広角で撮らせていただきました。

一言主神社周辺の彼岸花、また来年も楽しめたらなと思います。
by kwc_photo | 2019-11-21 07:21 | 奈良(Nara)
    
<< 紅葉が彩る京都2019 染まり... 旧ハッサム住宅(神戸・元町) >>