九品寺周辺の彼岸花光景
          
f0155048_0215843.jpg
一言主神社の北隣とも言える九品寺。
ほんの少しの距離なのですが、咲き具合がかなり違いました。
有名な彼岸花で染まる台地は4分咲きくらい。

というわけで、境内に咲く彼岸花と、周辺の棚田の光景を楽しんできました。

(※9月26日撮影)





f0155048_022518.jpg
九品寺と言えば、大和平野が見下ろせる台地に咲き乱れる彼岸花光景が有名。
でも、この日はまだ咲き始めの頃でした。


f0155048_022234.jpg
シロバナヒガンバナが先に満開になったようですね。
蕾の群れをバックに撮影してみました。


f0155048_0223998.jpg
メインの場所がそんな感じでしたので、境内へお参り。
本堂の裏手の山へ上がっていくと、ポツポツと彼岸花が咲いています。
こんな光景も好きだなぁ。


f0155048_023450.jpg
木漏れ日が陰影を生む斜面。
お地蔵様と彼岸花の織りなす光景・・・


f0155048_023934.jpg
これも九品寺の彼岸花光景です。


f0155048_0232392.jpg
群生も美しいですが、木漏れ日のスポットライトを浴びる数輪も綺麗ですね。


f0155048_0233053.jpg
境内の奥、千体石仏のある所に、こんな場所もあるんですよ。
皆さん、台地の方ばかり撮ってらっしゃいますけどね~。


f0155048_0233429.jpg
さ、お地蔵様にご挨拶して、お寺の外へ向かいましょう。


f0155048_0261135.jpg
外のお庭にも彼岸花が点在しています。


f0155048_0263244.jpg
シダの緑をバックにした彼岸花の赤さ。
赤と緑は補色関係ですので、相性いいですね。


f0155048_0241962.jpg
九品寺から一歩出ると、のどかな田園風景が広がります。
見下ろした田んぼに彼岸花ラインが。


f0155048_0242260.jpg
こちらの斜面はまだ蕾の方が多いですね。
日当たりによって、バラツキがありました。


f0155048_024253.jpg
道路沿いで彼岸花を撮っていると、白ニャンコが現れました。
「見慣れない顔だニャー」


f0155048_0243493.jpg
なかなか精悍なお顔立ち。
外で生きるネコは、どこか緊張感をまとっていますね。


f0155048_0254133.jpg
さて、道路沿いを歩くと、こんな棚田もありました。
まだ満開ではないですが、一言主神社周辺にも似た、立派な「彼岸花×棚田」な光景。


f0155048_0254416.jpg
このラインは満開ですね。


f0155048_0255718.jpg
朝日に照らされ、色濃い西側の青空をバックに咲き誇る彼岸花。


f0155048_0264252.jpg
葛城のあたりは、本当に田んぼの表情が良いですよね。


f0155048_0264979.jpg
青々とした田んぼの稲を守るように咲く彼岸花たち。
農業の営みと共にあるのが彼岸花らしいですね。


f0155048_026568.jpg
爽快な青空のもと、牧歌的な彼岸花と棚田の光景を楽しめた九品寺周辺でした。
by kwc_photo | 2019-10-16 07:16 | 奈良(Nara)
    
<< 紫陽花咲く長谷寺 智積院の紫陽花 >>