サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)
          
サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20274672.jpg
方丈庭園が最も華やぐ時期を迎えた一休寺。
やっぱりこの季節が大好きです。

(※6月2日撮影)





サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20285019.jpg
庫裡への入口の石段で出迎えてくれたサツキ。
奥の株、ちょっとフライングで咲いた花は萎れかけていて・・・
今年のサツキのまばら咲きの原因はこれですね。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20291476.jpg
でも、方丈庭園に入ってふぅっと深呼吸。
やっぱりこのお庭のサツキ咲く光景は素晴らしい。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20292571.jpg
方丈側面から見ると、一番大きなサツキの植え込みの裏側は花のつきが悪いのがわかります。
今年は一斉に花が咲いて満開になる、という光景にはなりませんでした。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20311617.jpg
でも、この彩り具合も悪くないですね。
年により、気候、温度などの影響で咲きっぷりは違います。
その時々での美しさを感じられるのが日本の四季の楽しさ、と言えるかもしれません。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20314256.jpg
日当たりが悪い方にまだつぼみが目立ちます。
が、ここが咲く頃には、前が萎れますしね。いい時期に訪れられたのかもしれません。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_203157100.jpg
方丈を俯瞰的に撮ってみました。
普段でも素敵なお庭ですが、やっぱり花があると彩りが良いですね。



サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_2032113.jpg
正面から大きな植え込みを捉えてみました。
美しく、丸く刈り込まれた植え込みが花をつける様子は見事ですね。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_2032413.jpg
一昨年、フォトコンテストで優秀賞を頂いた「隠れハート」。
今年はもう萎れていて、手前のいろいろな色が混ざり咲きするサツキがきれいに満開。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20331293.jpg
砂紋が植え込みから円形に広がる様子は、枯山水の「妙」ですね。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20332846.jpg
サツキの横にはソテツが茂ります。
一休寺さんの枯山水の特徴的な木です。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20335310.jpg
東庭の方から撮影。
南庭をこんな額縁で捉えてみました。
鐘楼が工事中なので、少し高いアングルから控えめに入れています。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_2034288.jpg
主張するサツキ。
一点だけ色がある構図も面白いですね。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_2034844.jpg
こちらは北庭。
こちらの植え込みもサツキなんですよ。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20344849.jpg
回廊をとおって、西側へ。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20353170.jpg
再び方丈に戻ってきました。
こんどは、寝そべった猫目線で(笑)
ちょっと気に入ったアングルです。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20384835.jpg
縁側とサツキ。
これを眺めてて、いろいろなラインがこの構図に含まれていることに気づきました。
縁側ライン、瓦素材のライン、石畳ライン、小石ライン、そして白砂ライン。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20385481.jpg
そこで、チャレンジしたのがこの写真。
今回イチのお気に入りです。奥のサツキの彩りがあることで華やぎますね。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20391111.jpg
お茶席で一服。
お軸もお花も佇まいが良いですね。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20392995.jpg
さて、一息ついたあとは外庭へ。
おなじみの本堂前の額縁です。緑がきれい。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20394812.jpg
本堂裏のお庭にもサツキが咲いているのです。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_20401483.jpg
本堂をバックに。


サツキ彩る酬恩庵(京田辺市・一休寺)_f0155048_2041741.jpg
一休さんの像を中心に、こんな風に彩られるんですよ。

やっぱりサツキの頃がよく似合う一休寺。
毎年通いたくなる美しさです。
by kwc_photo | 2019-10-01 07:01 | 京都(Kyoto)
    
<< 彼岸花咲く雨宝院 夏の花畑2019 犬甘野のそば畑 >>