サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)
          
サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23562176.jpg
ツツジの植え込みがメインの東福寺塔頭・光明院ですが、実はサツキも編み込まれています。
近くの塔頭・芬陀院(雪舟寺)と合わせて、サツキ咲く重森三玲のお庭としてお届けします。

(※6月1日撮影)





サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23563461.jpg
新緑の季節が終わる頃になると、お庭の植え込みの緑の濃淡がハッキリ出てきます。
植え込みの下の部分の色濃い緑がサツキなんですね。
この部分が咲く季節、お庭ものんびりした雰囲気で結構好きなんです。


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23564099.jpg
額縁構図にてサツキ咲くお庭を眺めていたら・・・


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23564459.jpg
なんと猿が出現!
出るとは聞いていたのですが、まさかこんな間近で(汗)


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23564888.jpg
目の前を通ってゆうゆうと本堂へ。
どうやらお供え物を狙っての行動。


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23565130.jpg
しかーし。
お寺の方も対策されていました。
お供えの食べ物は、すぐ下げてしまっているとのこと。
スゴスゴと帰るおサル。メンチ切って去っていきました(笑)


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_2357081.jpg
さ、気を取り直して再びお庭を。
北側の三尊石のバックにもサツキが咲きます。
今年はちょっと疎らかな~。


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_2357975.jpg
ま、光明院のツツジもサツキも、このくらいの咲きっぷりが重森三玲好みなのだと言います。
願わくばもう少し苔が青々してたらな~というところでした(^^ゞ


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23571441.jpg
さて、所変わって芬陀院へ。
こちらの鶴亀の庭は雪舟等楊が作庭し、戦後荒れ果てていたところを
重森三玲が修復したというお庭なんです。


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23571890.jpg
こちらは手水鉢にいつも季節のお花をあしらってくださっています。
この季節はもちろんサツキ。シダも取り合わせていただき、可愛らしい感じでした。


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23572190.jpg
茶室「図南亭」の西側の露地庭です。
こちらは苔が青々していていい雰囲気。


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23572564.jpg
そして、図南亭の丸窓からの眺め。
ん~。手前と奥はサツキの植え込みなんですが、今年は期待できなさそう(泣)


サツキ咲く重森三玲の庭(光明院・芬陀院)_f0155048_23572882.jpg
最後に東福寺の経堂前の満開のサツキの植え込みを見て、東福寺を後にしました。
by kwc_photo | 2019-09-29 07:29 | 京都(Kyoto)
    
<< 夏の花畑2019 犬甘野のそば畑 秋海棠の森(河内長野市・岩湧寺) >>