実光院の春の花々
          
f0155048_23312136.jpg
実光院、いつもと違う季節に訪れてみました。
ヒメシャガ、カキツバタ、菖蒲など、こんなに咲いていたんですね。

(※5月19日撮影)





f0155048_23315486.jpg
実光院、契心園の池を眺めると・・・おや?紫色のかわいらしい花が。


f0155048_23324176.jpg
おお、この子たちはヒメシャガですね。


f0155048_23325148.jpg
シャガは白いですが、この子たちは菖蒲やカキツバタのような紫色。


f0155048_233332.jpg
池にも映り込みますね。
こんなにヒメシャガが咲くなんて。


f0155048_23353742.jpg
少し盛りが過ぎていました。
満開で新鮮な頃にもう一度撮りたい!と、来年の再訪決定です(^^)


f0155048_23354031.jpg
灯籠の上には着生蘭の石斛(セッコク)が。
そして、その足元には大原菊(ミヤマヨメナ)がきれいに咲いていました。


f0155048_23364156.jpg
テッセンのところではアマガエルくんに出会いました。


f0155048_23364819.jpg
いい色合い。
でも、アマガエルくんにとっては、目立っちゃうこの色合いはイヤだったようで、すぐ跳んでいきました(笑)


f0155048_23371064.jpg
実光院はいろいろな花の宝庫。
こちらは二人静(フタリシズカ)。なんていい名前。
日本人って、花の名前のセンスがあるよな~と感じますね。


f0155048_2337211.jpg
この子はスズランです。
ニュービーズ・・・って言うと歳がバレる?


f0155048_23372547.jpg
浮世絵の海の波のようなこの花。
タツナミソウ(立浪草)です。こちらもナイスセンス!


f0155048_23372962.jpg
シロバナシラン。
白花紫蘭と書きます。白いんだか紫なんだか(笑)


f0155048_23373962.jpg
おや、こちらにも大原菊。この淡い紫が絶妙な味わい。


f0155048_233748100.jpg
オオデマリも満開でした。
パッと見るとあじさいみたいですよね。


f0155048_2340650.jpg
お寺のお母さんが「今年はものすごく綺麗だったでしょ~!」と嬉しそうに話してくれたのは、
この池のカキツバタでした。
例年になく美しく咲きそろったとのこと。


f0155048_23402262.jpg
足元にそっと咲く白い菖蒲もかわいい。


f0155048_23403161.jpg
池にはコウホネ(河骨)が咲いていました。
河の骨??おどろおどろしいネーミングです💦
白い根茎が池の泥の中で骨のように見えることからこの名前なんですよ。


f0155048_234054100.jpg
お母さんがおっしゃったとおり、ほんとにこの日のお庭の主役!と言わんばかりに咲き誇るカキツバタ。


f0155048_2341691.jpg
コウホネとカキツバタが綺麗に並んで、まるでカーテンコール。


f0155048_23413982.jpg
やっぱりこのお庭はお花がいっぱい。
いろいろな日に訪ねることで、新たな発見もありますね~(^^)
by kwc_photo | 2019-09-11 07:11 | 京都(Kyoto)
    
<< 2019 上七軒盆踊り(ご祈祷... 石光寺の百日紅 >>