雪の京都 詩仙堂の額縁雪景色
          
f0155048_0392919.jpg
このお庭は四季を通じて美しいですが、やはり雪景色は格別。
赤い毛氈の向こうに見える凍てついた水墨画の世界、お楽しみください。

(※12月29日撮影)



f0155048_0394354.jpg
開門前の詩仙堂に到着。
門の隙間から見えた嘯月楼は・・・バッチリ雪化粧!


f0155048_0395633.jpg
少し早めに開門してくださいました。
お庭の見える場所まで来て目に飛び込んできたのは・・・見事な雪景色。


f0155048_0402186.jpg
サツキの頃や紅葉の頃も使う定番構図ですが、やっぱり雪景色は格別。


f0155048_0402719.jpg
額縁光景の中に広がるお庭の景色は、水墨画のようでした。


f0155048_0404345.jpg
砂紋が薄っすらと浮かび上がるくらいの、絶妙な積雪。


f0155048_0405571.jpg
パウダーシュガーでデコレーションしたような(^^)


f0155048_0411022.jpg
詩仙の間のお隣、至楽巣からの眺め。


f0155048_0413122.jpg
お、青空が出てきたようですよ。
美しい雪の華が見られるタイムリミットも近そうです。


f0155048_0415574.jpg
再び額縁光景にて雪景色を楽しみ・・・


f0155048_042914.jpg
味のある石塔(サツキの植え込みの間にちょこんとあります)を眺めてから、外庭へ向かいます。


f0155048_0423159.jpg
嘯月楼の後ろに青空が迫ります。
雪と青空、素晴らしく爽やかですが、お日様が出ると雪の魔法はとけちゃいます(^^ゞ


f0155048_043311.jpg
さぁ、外庭へ。
こちらも凍てついた世界。
地面への積雪が少なかったので、比較的自由に歩けるようです。


f0155048_0431237.jpg
サツキの大刈込も雪でコーティングされていますね。
モミジの枝についた雪の華の繊細な美しさに目を奪われます。


f0155048_0431523.jpg
暖かい色が嬉しい万両の実。雪うさぎを作りたくなりますね(^^)


f0155048_043505.jpg
見上げる雪の華。
紅葉の頃も見事な光景を見せてくれる詩仙堂の外庭ですが、雪も素敵です。


f0155048_0441542.jpg
地面の積雪はこんな感じ。
木々の陰になった部分は雪が積もらないくらいの、程よい淡雪でした。


f0155048_0443148.jpg
雪の華越しの嘯月楼。
青空もちょっと見えて、冬の詩仙堂らしい光景。


f0155048_0445182.jpg
雪の華と青空って相性いいですよね~。


f0155048_0445686.jpg
冬の枯れ枝に美しい花を咲かせた雪。


f0155048_045128.jpg
砂地に斑点模様が・・・
そう、雪の華が落ち始めているんです。
京都の雪の魔法は効力が短いですね。


f0155048_046419.jpg
この日は人出も少なく、外からの撮影でも建物内に人がいませんでした。


f0155048_0464571.jpg
さぁ、そろそろ失礼しましょうか。


f0155048_047151.jpg
茶室を飾る雪の華。


f0155048_0472165.jpg
爽やかな冬晴れになりそうです。
今年も詩仙堂の雪景色を見ることができて嬉しかったです。
by kwc_photo | 2019-02-10 07:10 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/30402007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 京の紅葉2018 色彩鮮やかな... 京の紅葉2018 一休寺・参道の彩り >>