雪の京都 雪の華が彩る真如堂の朝
          
f0155048_1559413.jpg
青空に雪の華!
見事な雪景色に出会えたのは真如堂でした。

(※12月29日撮影)





f0155048_15593912.jpg
背後から朝日が迫る真如堂門前。
桜と松に咲いた繊細な雪の華が見事。


f0155048_162581.jpg
そして・・・
参道の枯れ枝も雪の華が満開です。素晴らしい~!


f0155048_1601349.jpg
三重塔の周りの木々。
白さが際立っていました。


f0155048_1602120.jpg
大燈籠はまだ明かりが灯っている時間帯。
雪景色の中、温かい色の光が印象的。


f0155048_1604090.jpg
望遠でギュッと凝縮。
本堂前の雪の華は、積もりすぎず、枝の繊細さが全て見えて本当に美しい。


f0155048_1633666.jpg
真ん中の参道は無人で空けておいてあげて、左側から回り込んで進みましょ(^^)。


f0155048_164468.jpg
こちらの参道も雪の華のトンネル。
素敵だー。


f0155048_1643081.jpg
元三大師堂です。
こちらもお堂前の桜の木が見事雪の華を咲かせていました。


f0155048_165041.jpg
裏手の雪の華たちも素晴らしい。
杉の木の上にはお月さまも浮かんでいました。


f0155048_165427.jpg
池の周りの雪の華を、休憩所の額縁で。
こんなパノラマも良いじゃないですかね(^^)


f0155048_1652118.jpg
では、額縁を外して。
映り込みもあって、なかなか見ごたえある景色でした。


f0155048_1654291.jpg
本堂を正面左手から。
やっぱり枝のフォルムがちゃんと分かる繊細さが素晴らしい。
雪も積もりすぎるとモコモコになりますしね。絶妙な量でした。


f0155048_1654938.jpg
次は本堂正面から右手を回っていきます。
ここにも雪の華のトンネルが!


f0155048_1655318.jpg
三界萬霊塔。
石仏様も綿帽子をかぶっていました。


f0155048_16818100.jpg
本堂裏。
灯籠台石を囲むお庭も淡雪でキレイに雪化粧していました。


f0155048_1682797.jpg
本堂バックに、雪の華を青空に抜いてみました。


f0155048_1665817.jpg
お日さまが上がってきたのですね。
青空が出始めると、雪の華が引き立ちます。
・・・と同時に、京都の雪の魔法がとける合図になります。


f0155048_169137.jpg
とはいえ、この本堂と雪の華の光景は見事で、なかなか離れられません。
屋根の上には三日月。ああ、美しい・・・


f0155048_16101990.jpg
再び三重塔のところへ。
絶妙なアングルなんです。ちょっとずれると、工事中の足場が入ります(^^ゞ


f0155048_16102876.jpg
三重塔が雪の華をたすき掛け(^^)。
青空が嬉しいですね。


f0155048_16105942.jpg
青空なので、再び参道へ。
本堂前の参道を見上げてみました。


f0155048_16113395.jpg
三重塔を囲む雪の華。


f0155048_1612258.jpg
ちょうどお月さまが塔の上に出ていました。


f0155048_16123685.jpg
桜の枝と花の木の枝で雪の華フレーミング。


f0155048_1613557.jpg
やはり真如堂はこの塔が絵になりますね。


f0155048_1613431.jpg
あ、ついに背後からおひさまが顔を出したようです。
逆光に照らし出された雪の華の神々しさは見事。


f0155048_1614363.jpg
ラストは三重塔と朝日を。
枝の加減でキラリンが2つ。珍しい現象になりました。

早朝の真如堂の雪の華。このお日様が登るとともに嘘のように消えていきます。
やっぱり京都の雪は幻のような光景です。
by kwc_photo | 2019-01-11 07:11 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/30278063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 京の紅葉2018 彩りの南禅寺境内 滋賀の紅葉2018 大池寺の額縁紅葉 >>