雨靄と紫陽花の彩り(岩船寺)
          
f0155048_21535837.jpg
やっとこさ、紫陽花の本命、岩船寺の記事のアップにたどり着きました。
この日は朝からしっとりとした雨。ウキウキしながらたどり着いた山寺は、
満開の紫陽花が雨靄に煙る幻想的な光景でした。

(※6月24日撮影)





f0155048_21542582.jpg
門構え越しにお寺の中を覗くと、満開の紫陽花が見えました。
おお、三重塔が雨靄に煙っている~!


f0155048_21543698.jpg
紫陽花の咲きっぷりもよく、何とも幻想的な光景。


f0155048_2155062.jpg
こういう岩船寺を期待していたのです。
雨の日を選んできて正解でした。


f0155048_21552580.jpg
引きで撮ると塔の前の紫陽花たちの嬉しそうな咲きっぷりがよくわかります。


f0155048_2156547.jpg
振り返ると、いたるところに紫陽花が咲く岩船寺。


f0155048_21561613.jpg
このカシワバアジサイは、甘い香りのする紫陽花。


f0155048_21562785.jpg
石仏さんのまわりもカラフルな紫陽花が取り囲みます。


f0155048_21565872.jpg
花数が多く、見応えたっぷり。
今年は玉はやや小さめですが、これだけ彩り豊かだと見事ですね。


f0155048_21573340.jpg
十三重石塔のまわりも美しい。


f0155048_2158036.jpg
あ、だんだん雨靄が晴れてきました。


f0155048_21591911.jpg
しっとりとした境内をそろそろ歩いてみましょうか。


f0155048_21595598.jpg
山門方向を眺める。
両側を紫陽花が彩る様子は本当に色とりどり。


f0155048_221834.jpg
逆に、山門側から塔を眺めてみました。
ぐっとアングルを下げて広角にすると、両サイドからの紫陽花が迫ってくるようです。


f0155048_2224852.jpg
池の周りにも紫陽花。
そして、水面にはポツポツと睡蓮も咲き始めていました。


f0155048_22384.jpg
塔の方へ。
鮮やかな青い紫陽花と朱色の塔。鮮やか。


f0155048_2232761.jpg
ビヨウヤナギも塔の下で満開でした。


f0155048_2242716.jpg
鐘楼下にて。
鬱蒼とした雰囲気のなか、見上げると青~白の紫陽花がいっぱい。


f0155048_225561.jpg
奥の休憩エリアへ。
ベンチの背後には紫色の紫陽花が迫ります。


f0155048_2252239.jpg
塔の前がピンク系優勢なのに対して、こちらは青系ですね。


f0155048_2264475.jpg
塔の裏側。新緑が雨に濡れて緑がつややかです。


f0155048_2271518.jpg
カラフルな紫陽花が零れ落ちるように咲いていました。


f0155048_2273247.jpg
ぐっとあおって撮ってみました。
勢い良さそうな紫陽花に見えますね(笑)


f0155048_2275510.jpg
塔の下の紫陽花たちの全景。
今年は色づきも色合いもバッチリです。

f0155048_2293541.jpg
本堂の屋根を少し入れて。
このピンク系の紫陽花が賑やかだと、お寺全体が華やかに見えます。


f0155048_22103334.jpg
ガクアジサイとタマアジサイが競うように咲き誇る境内。


f0155048_2213482.jpg
カシワバアジサイの白も良いですね。


f0155048_2215177.jpg
ぐぐっと寄って。
一昨年はこれに似た構図で木津川市のフォトコンで入選させてもらいました(^^)


f0155048_22155169.jpg
塔と背比べしているみたいなアジサイたち。
ホントに今年はいい咲き具合でした。


f0155048_220324.jpg
さぁ、帰ろ。
しっとりした境内で見事な紫陽花光景を楽しめた岩船寺でした。
by kwc_photo | 2018-10-31 07:31 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/30134078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 南座新開場祇園お練り(歌舞伎役... 桂浜園地の彼岸花たち >>