万燈会(三千院)
          
f0155048_148153.jpg
お盆を前に、三千院で毎年開催される万燈会。
今年も行ってまいりました。
蝋燭に灯しだされる三千院の境内。
いつもとは全く違う表情を見せてくれました。

(※8月12日撮影)



f0155048_1485354.jpg
苔庭に置かれた行灯。
電気ではない、蝋燭のあかりが境内を照らし出します。


f0155048_1491787.jpg
往生極楽院前には蝋燭がたくさん灯されています。


f0155048_1410846.jpg
暖かなあかり。


f0155048_14104012.jpg
普段とは違う光景がそこにはあります。


f0155048_1410562.jpg
わらべ地蔵のバックにも蝋燭のあかり。


f0155048_1411354.jpg
夜の帳が降りてくる境内で、静かな時間が流れます。


f0155048_14111120.jpg
独特の存在感がある石燈籠。
ここにも蝋燭を灯してくれたらなぁ。


f0155048_14121510.jpg
さぁ、金色不動堂の方へ上がっていってみましょう。


f0155048_14121842.jpg
弁財天さんのところも蝋燭のあかりで彩られていました。


f0155048_14122541.jpg
金色不動堂前には燭台が置かれており、たくさんの蝋燭が灯されていました。


f0155048_14124634.jpg
たくさんの人が金色不動堂にお参りされています。


f0155048_1413152.jpg
ブルーモーメントの空に、蝋燭に照らし出された境内。
美しい光景でした。


f0155048_1413359.jpg
蝋燭はたくさんの人が奉納されたもので、お名前や願いが記されています。


f0155048_14133848.jpg



f0155048_14135337.jpg
メインの大きな蝋燭は毎年「世界平和」ですね。


f0155048_14144672.jpg
金色不動堂の横にもたくさんの蝋燭が並んでいました。


f0155048_1415968.jpg
観音堂へ。
竹細工の燈籠が並んでいます。


f0155048_14152557.jpg
細かい細工で模様が彫り込まれています。


f0155048_1416654.jpg
小観音が収められたお堂にも蝋燭の明かりが。


f0155048_14161286.jpg
振り返ると・・観音堂前の蝋燭とも相まって、幻想的な光景となりました。


f0155048_14163298.jpg
奥之院の道も蝋燭で照らし出されていました。


f0155048_1418334.jpg
再び金色不動堂前の明かりを眺めて、そろそろ失礼しましょうか。


f0155048_1418923.jpg
石灯籠のガラスに金色不動堂前の蝋燭が映り込んでいました。


f0155048_14181598.jpg
石段を降りていくと、有清園は真っ暗になって、蝋燭で道が灯しだされていました。


f0155048_14183261.jpg
普段の雰囲気とは全くちがう表情をみせてくれる万燈会。
空を見上げると星空も美しく、心安らかになることができました。
by kwc_photo | 2018-08-17 07:17 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29989305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 石楠花と新緑の圓光寺 石楠花満開の三千院 >>