夏の花畑2018 越畑の女郎花
          
f0155048_1503297.jpg
お盆ですね~。
お盆といえば、盆花でもある女郎花(おみなえし)の花。
今年は少し早めの開花、そして出荷だったようです。
いつもは8月に入ってから訪れる越畑の女郎花畑、今年は早めに訪問しました

(※7月22日撮影)



f0155048_151735.jpg
越畑の棚田は、所々が女郎花の畑になっています。
この畑、年々場所が変わるそうです。今年は棚田の一番下の方でした。


f0155048_1512911.jpg
美しく咲き誇る女郎花。
ちょうど満開を迎えたところでした。


f0155048_151538.jpg
青空が目に痛いくらい青い。
そして、山と竹やぶの緑を挟んで、ビビッドな黄色。
夏の花畑らしい光景ですね。


f0155048_1521894.jpg
稲も青々としています。
女郎花は傷みもなく、本当に真っ黄色。


f0155048_152373.jpg
面白い雲が広がり始めました。
雄大な花畑に雄大な空。良い日に来たなぁ~。


f0155048_1531231.jpg
農道の向こうに女郎花畑。


f0155048_1532471.jpg
なんとも牧歌的な光景。
一面の黄色が見えます。そりゃぁ、あそこまでいかなくちゃ!ですね。


f0155048_1534980.jpg
きれいに植えておられます。
お盆に向けて出荷が準備されているようでした。


f0155048_1541226.jpg
黄色の密度が濃いアングルにて。
圧巻の満開具合。独特の甘い香りが広がっていました。


f0155048_156233.jpg
田んぼの中にお月様のような花畑。


f0155048_15642100.jpg
女郎花畑って、どうしてあちこちに移動するのかな?
そう思っていたら、通りかかった農家のおじさんが教えてくれました。
二年に一度、場所を変えるのだそうです。今年満開の畑は、来年は水田に。
今、チョロチョロ咲いている女郎花畑が、来年は満開になるそうです。


f0155048_1565780.jpg
今年は棚田の下の方に集中していた女郎花畑。
おかげで広がりが素晴らしい。


f0155048_1571463.jpg
山手を見上げても、平地のようですもんね。


f0155048_1573227.jpg
筋雲が美しかったので、縦で撮ってみました。
杉林とも相まって、とても勢いのある感じ。


f0155048_1581590.jpg
少しずつ棚田を登りながら、見下ろしで撮っていきます。


f0155048_159448.jpg
山際ギリギリの畑も良い風情ですね。


f0155048_1591821.jpg
農道沿いの女郎花畑も造形美が素晴らしい。


f0155048_15101069.jpg
きれいな黄色カーブ。


f0155048_15103763.jpg
めいっぱい咲いた女郎花のビタミンカラーに元気をもらいました。


f0155048_15111025.jpg
いくつかの女郎花畑の組み合わせも面白い。


f0155048_15113181.jpg
ここは棚田っぽいですね~。


f0155048_15115995.jpg
どこまでも続くかのような黄色い畑。


f0155048_15132734.jpg
雲がやっぱり面白いなぁ。


f0155048_1513471.jpg
先程、女郎花畑の秘密を教えてくださったおじさんが、「あっちの畑も行っておいで」と教えてくれたのは、
山の上の畑でした。車を麓において、ちょっと山登り。
こんな場所にも畑があったんですね。


f0155048_15141218.jpg
集落を見下ろしながら、女郎花畑が楽しめました。


f0155048_15143051.jpg
湿度が高いのか、飛行機雲がいっぱい。
思えば高い場所へきたもんです(笑)


f0155048_1515455.jpg
教えてもらわなければ、この場所には来なかったでしょうし、おじさんに感謝!です。


f0155048_15154275.jpg
青空に元気に花を咲かせる女郎花。


f0155048_1516742.jpg
遠く山の麓に集落が見えます。
思いがけず、いい眺めの畑に巡り会えた、今年の越畑でした。
by kwc_photo | 2018-08-15 07:15 | 越畑(Koshihata) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29987628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 石楠花満開の三千院 Finale! 桜咲く京都20... >>