祇園祭2018 前祭宵々々山
          
f0155048_2321990.jpg
記録的な猛暑となった祇園祭の京都。
お昼間に繰り出すのは暑すぎるので、夕方から出かけて楽しみました。
比較的人の少なめな宵々々山の様子、お届けします。

(※7月14日撮影)





f0155048_232238.jpg
あまりに暑い7月でした。
昼間に歩くと体力を消耗するので、夕方から出かけることに。
たどり着いたのは15時30分。それでも暑い~。


f0155048_2322643.jpg
まずは霰天神山へ。
なぜここかというと・・・お察しの方もおられると思いますが、
祇園祭限定「しみだれ豚まん」を頂きに行ったのでした(笑)


f0155048_2322991.jpg
次は占出山へ。
こちらは懸装品が見事な日本三景なんです。宮島・松島と・・・


f0155048_232312.jpg
天橋立。水引は三十六歌仙図が刺繍で描かれています。


f0155048_2323343.jpg
江戸時代の見送りも展示されています。
富士山の図もあるんですね。景色にこだわった山です。


f0155048_2351433.jpg
占出山は安産のお守りを打っています。
「安産のお守りは これより出ます 常は出ません 今明々日晩限り
ご信心の御方様(おんかたさま)は 受けてお帰りなされましょう♪」

お守り売りの歌声が響く会所はなんとも良い雰囲気でした。
ちなみに「今明々晩限り」の箇所は、宵々山は「今明晩(こんみょうばん)限り」、
宵山はもちろん「今晩限り」になるんですよ(^^)


f0155048_2323840.jpg
子どもたちの後ろでは御神体人形の神功皇后さまが微笑んでいます。
祇園祭の物語の主役でもあるこの神功皇后。船鉾、大船鉾にも祀られます。
新羅出兵の際、戦勝祈願のため鮎を釣って占いをした故事にちなんだ山がこの占出山。
そして、出陣していく姿が前祭の殿(しんがり)をつとめる船鉾、
戦勝して凱旋する姿が後祭の殿をつとめる大船鉾で表されています。


f0155048_2324436.jpg
ピカピカの櫃。新調されたのでしょうかね。


f0155048_2325163.jpg
今年の注目は蟷螂山。
いつも注目されてはいるのですがね。


f0155048_2331615.jpg
注目の理由はこれ。
みごと山一番のくじを引き当てました。
ご縁起物ということで、早くに粽も売り切れていましたね。


f0155048_2325682.jpg
御所車の上にカマキリが乗っているという独特の山。


f0155048_233740.jpg
御所車もこんなところに龍がいるんですよ~。


f0155048_2331332.jpg
提灯の模様にもかわいらしいカマキリが。


f0155048_2331964.jpg
会所飾り。
おしどりがいっぱい。可愛らしいですね。人間国宝の羽田登喜男氏による友禅染です。



f0155048_2332490.jpg
そして、会所にももちろんおられますよ、カマキリさん(^^)


f0155048_2333959.jpg
大人気だった蟷螂おみくじ。
カマキリが番号の入った玉を運んでくれます。


f0155048_2334716.jpg
次は伯牙山へ。
別名「琴破山(ことわりやま)」と呼ばれます。たしかに手前にお琴がありますね。


f0155048_2335342.jpg
御神体人形は、眼力鋭い伯牙さん。
琴の名手であった伯牙は、理解者であった友人、鐘子期の訃報を受け、悲しみのあまり
琴の弦を斧で断ち切ってしまいます。悲しみで苦悶の表情となった伯牙さんの
視線・・・なかなか間近で見ると迫力があります。


f0155048_234291.jpg
なかなか怖い視線にひんやりしつつ、会所を出ると・・・
まだまだ青空。夜まで長いですね(汗)


f0155048_2342881.jpg
船鉾へやってきました。
檄を飛ばす、の語源との説もある「鷁(げき)」が船首に乗っています。


f0155048_2343670.jpg
船鉾で一番好きな懸装品は、この楫(かじ)の部分。
飛竜が螺鈿細工で描かれていて、すごくキレイ。お宝ですね。


f0155048_235638.jpg
そして、いきなり夜。
えっと・・・あまりの暑さに飲みに行ってしまいました(笑)
その後、綾傘鉾の棒振り囃子を楽しんでから鉾巡り。
棒振り囃子は別途記事にしますね。
菊水鉾の提灯。やっぱり夜のこの提灯を見て祇園囃子を聞くと盛り上がりますね。


f0155048_2353561.jpg
再び船鉾へ。
こちらでも祇園囃子の演奏が始まっていました。


f0155048_2354938.jpg
いつ見てもかっこいい船鉾。
夜の風情も素晴らしいなぁ。


f0155048_235585.jpg
こちらは御神体人形が4体。
奥から、神功皇后、住吉明神、鹿島明神、龍神です。
お土産売りが終わっていて誰もいなかったので、御神体人形がよく見えました。


f0155048_2361377.jpg
宵の京の町に響く笛の音、金の響き。
祇園祭の夜はこうして更けていきます。
by kwc_photo | 2018-08-03 07:03 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29962116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 桜咲く京都2018 実光院・春の花 桜咲く京都2018 三千院・春... >>