祇園祭2018 長刀鉾曳初め
          
f0155048_2355374.jpg
この日の曳初めのオオトリは長刀鉾。
本番さながらの太平の舞ですが、本番とは違う衣装です。
そして、四条通を東進してからのバックは、東山を背にしての太平の舞を見るチャンスなんです。
一般観光客も多数参加しての賑やかな曳初め、やっぱり良いものですね。








f0155048_23561674.jpg
長刀鉾の曳初めの準備ができたようで、囃子方さんがもう乗り込んでおられます。
屋根方さんもスタンバイされました。


f0155048_23563656.jpg
さぁ、音頭取りさんも乗って、お稚児さん、禿さんたちも準備OK!
いざ、出発です。


f0155048_23573133.jpg
会所を離れると、すぐ太平の舞が始まりました。


f0155048_2357401.jpg
禿さんも団扇をもって頑張ってますね。


f0155048_2357595.jpg
一度太平の舞を終えると、安堵の笑顔。
本番では見られないリラックスした光景ですね。


f0155048_23583515.jpg
おっ!
目のいいお稚児さん、ちゃんとカメラマンを見てくれます。
会所でお会いしたときから、とてもいい目線をくれるサービス精神旺盛なお稚児さん。


f0155048_23594317.jpg
グッと身を乗り出して頑張ってます(^^)


f0155048_00240.jpg
見事な孔雀柄の胴懸に鉦からの下げ緒。美しいですね。
2013年に新調された友禅染なんですよ。


f0155048_001332.jpg
役員の方々の背中もカッコいい!


f0155048_003980.jpg
さぁ、東進はここまで。
次は東山をバックに折り返します。
お稚児さん、禿さん、そして音頭取りさんも後ろ側に移動してきました。


f0155048_01176.jpg
さぁ、扇が返って、会所へのお戻りが始まります。
もちろんお囃子は「戻り囃子」。軽快な調子になるんですよ。


f0155048_012373.jpg
西向きでの太平の舞。
曳初めならではの光景です。


f0155048_014235.jpg
お稚児さん、禿さんの勇姿。


f0155048_021011.jpg
お、また視線くれましたね~。がんばれ!


f0155048_0322.jpg
見事な太平の舞です。


f0155048_033694.jpg
音頭取りさんも気合いがはいります。


f0155048_04837.jpg
この子はホントに・・・素晴らしい。
しっかり自分の役割を理解して、やり遂げていますね。


f0155048_045352.jpg
長刀の鉾頭がキラリ。
2011年に新調された、プラチナ箔を施した竹製の鉾頭です。


f0155048_051884.jpg
おなじみの長刀鉾模様の扇。


f0155048_052411.jpg
車方さんの活躍もお届けしましょう。
この「蕪」と呼ばれる棒を用いて、直線にしか動かない鉾の車輪をコントロール。
このあたりから少しずつ会所に寄せていくんですね。


f0155048_05589.jpg
素晴らしい太平の舞を見せてくれたお稚児さん。
本番でも頑張りました。おつかれさま~。



f0155048_071837.jpg
会所に近づきました。
曳初めもそろそろおしまいです。


f0155048_06642.jpg
お稚児さん、禿さんのお母さんたちが到着を見守っておられました。
by kwc_photo | 2018-08-01 07:01 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29960277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 桜咲く京都2018 三千院・春... 桜咲く滋賀2018 畑のしだれ桜 >>