祇園祭2018 長刀鉾の注連縄切り
          
f0155048_053045.jpg
祇園祭の前祭山鉾巡行。
今年はこれでもか!というお天気の中行われました。
まずは先頭をゆく長刀鉾。
この鉾のお稚児さんが結界の注連縄を太刀で両断するところから山鉾巡行が始まります。







f0155048_055638.jpg
朝8時。
齋竹(いみたけ)の幟が懸けられました。


f0155048_063673.jpg
そして、祇園祭名物、交通信号作業車が登場。
何をするのかというと・・・


f0155048_064247.jpg
そう、山鉾巡行の邪魔にならないように、歩道と平行になるまで90度信号を折りたたみます。


f0155048_064830.jpg
お、注連縄の準備が始まりましたよ。


f0155048_07332.jpg
アーケード上から垂らされた縄に、注連縄をつないで引き上げます。


f0155048_071079.jpg
そして、引き上げた注連縄を齋竹につなぎます。
この齋竹、7月15日の早朝に建てられるんですよ。「齋竹建て」と呼ばれます。


f0155048_073483.jpg
注連縄の設置が終わりました。
役員の方が並んで、八坂神社に向かって二礼二拍手一礼。


f0155048_075136.jpg
そして、西を向いて長刀鉾の到着を待ちます。


f0155048_08135.jpg
注連縄の向こうから長刀鉾がギッシギッシと音を鳴らしながら進んできました。


f0155048_083570.jpg
長刀鉾の幟も注連縄の下を通過。


f0155048_09145.jpg
さぁ、曳き手さんたちもやってきました。


f0155048_092893.jpg
注連縄手前で一度止まって、停止場所を微調整。
注連縄の真ん前まで鉾を進めます。


f0155048_094848.jpg
青空に長刀を輝かせた長刀鉾。
注連縄前で止まると、曳き手さんたちも座って注連縄切りを見守ります。


f0155048_010111.jpg
お稚児さんが立ち上がりました。
注連縄切りの準備が始まります。


f0155048_0104590.jpg
まずは奥から取り出された注連縄切りの台が取り付けられます。


f0155048_011251.jpg
そして、鈎をつかって注連縄を手繰り寄せ、台の上に縄をおいてピンと張ります。


f0155048_0115215.jpg
さぁ、太刀がお稚児さんに手渡されました。


f0155048_0123468.jpg
両手でたちを仰ぎ持つお稚児さん。


f0155048_0131665.jpg
大きく手を回して太刀を上から持ち替えると、カチリと鯉口を切りました。
観客からもおおっ、という小さなどよめきが起こります。


f0155048_0134613.jpg
鞘を払い、大きく両手を広げて太刀を構えます。


f0155048_0141644.jpg
両手で柄を握り、左右を睨め回します。


f0155048_0142172.jpg
ググッと刀をにらみながら北側へ・・・


f0155048_014489.jpg
そして今度は南側へ・・・


f0155048_015282.jpg
さぁ、緊張の一瞬。
観客も息を呑んで見守ります。


f0155048_0152873.jpg
トン!
振り下ろした太刀は、見事注連縄を両断!


f0155048_0154521.jpg
注連縄が左右にわかれて散りました。


f0155048_0161079.jpg
お見事!
注目すべきは禿さんの笑顔(^^)
やったね!切れたよ~!と満面の笑みでした。


f0155048_0161731.jpg
堂々たる姿。
お役目おつかれさまです。あのユーモラスなお稚児さんが、こんなに凛々しく・・・
素晴らしい注連縄切りでしたよ。


f0155048_0163560.jpg
再び鞘をとり、太刀を納めます。


f0155048_0171434.jpg
大丈夫かな~、と心配そうなのは禿さん。


f0155048_0165855.jpg
バッチリ鞘に納まりました。
禿さんもホッ。


f0155048_0173146.jpg
そう、この太刀を受け取るのが禿さんのお役目でした。
この子もユーモラスでしたね。いいコンビでした。


f0155048_017576.jpg
さぁ、結界は解き放たれました。
いよいよ巡行スタートです。


f0155048_0184615.jpg
エイヤラヤー!の掛け声とともに、曳き手さんたちに力が入り、鉾がきしみながら動き出します。


f0155048_019117.jpg
お稚児さん、大役を終えてちょっとホッとしたかな。
また目線をくれたような気がしましたよ。
ホントに今年は稀有なサービス精神のあるお稚児さんでした。


f0155048_0192043.jpg
祇園囃子を奏でながら、目の前を長刀鉾が通過しました。


f0155048_0193822.jpg
見送りは先日会所に懸けられていた伊藤若冲の「旭日鳳凰図」。あざやかな鳳凰が長刀鉾の後ろを飾ります。


f0155048_0211277.jpg
太平の舞が始まりました。
グイッと鉾から身を乗り出しての舞。


f0155048_0212783.jpg
これまた見事に演じきりました。


f0155048_0213213.jpg
大きく手を回して・・・


f0155048_021391.jpg
太鼓をトン。

今年の長刀鉾のお稚児さんによる注連縄切りもお見事でした。
やっぱり祇園祭、これを見ないと始まらない!ですね(^^)
by kwc_photo | 2018-07-22 07:22 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29941235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 桜咲く京都2018 智積院・桜のころ 桜咲く京都2018 背割堤の桜並木 >>