桜咲く京都2018 千眼桜咲く大原野神社
          
f0155048_8393723.jpg
千眼桜という変わった品種の咲く大原野神社。
この桜、満開となってから見頃は2~3日しか続かなく、すぐ散ってしまうため、幻の桜とも言われます。
ちょうど満開近くまで開花した頃に訪れることができました。

(※3月31日撮影)





f0155048_8394140.jpg
大原野神社へ。
外のソメイヨシノは満開です。


f0155048_8395034.jpg
石段を登って参道へ。
鳥居を桜が彩っていました。


f0155048_8395221.jpg
青空も出て、春らしい光景。


f0155048_8401377.jpg
さぁ、参道を進んでいくと・・・
お、千眼桜が見えてきました。結構咲いている感じ!


f0155048_8402873.jpg
おお~、日当たりの良いところから満開になっていっている感じ。見頃でしょう。


f0155048_8403766.jpg
新芽から赤い紅葉が葉を出しています。
手前のソメイヨシノも入れて・・・


f0155048_8404858.jpg
千眼桜、ホントに見頃が短いんです。
咲き始めた、と聞いたら数日のうちに見ておかないと、翌週では散ってしまっている。
そんな桜なので、幻の桜と言われています。


f0155048_84119.jpg
折よく3日前にも訪れて、開花を確認していましたので、
この日はきっと・・・と思って訪れました。正解でしたね。


f0155048_8412464.jpg
脇に立つソメイヨシノの若木も満開で華を添えています。


f0155048_8421421.jpg
鹿害で花芽や枝がかじられ、一部の枝が伐採されてしまいましたが、
それでもなお、枝ぶりの良さは健在。


f0155048_8421913.jpg
枝から出た花芽には複数の花がぼんぼりのように球形に咲き、
それが遠くから見ると眼のように見えることから「千眼桜」と呼ばれています。


f0155048_8422693.jpg
幻の桜、千眼桜が咲いている様子を見ることができて良かった。
鹿害に負けず、また来年も花を咲かせて欲しいものです。
by kwc_photo | 2018-07-17 07:17 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29928192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 祇園祭2018 長刀鉾とお稚児さん 祇園祭2018 鉾建(前祭) >>