サツキ咲く慈雲院(妙心寺塔頭)
          
f0155048_23394548.jpg
今年は例年より密度が薄かった慈雲院のサツキ。
フライングで咲いた分が散ったりして、一気にピンクに染まることがなかったのですが、
それでもここの植え込みは特筆すべき美しいカッティングです。

(※5月19日撮影)





f0155048_23394710.jpg
慈雲院へ。
入口の門から見える直線の生け垣がサツキ。


f0155048_234013.jpg
見事な直線の剪定。
ピンクのサツキが咲く頃、華やかに彩られます。


f0155048_2340194.jpg
庫裏への通路との美しいV字ライン、今年も健在です。


f0155048_23402951.jpg
例年ピンク一色に染まるのですが、今年は先に咲いた分が散ったりして、こんな感じ。


f0155048_23404211.jpg
それでもこの平らなラインは芸術的です。


f0155048_23405983.jpg
お地蔵様が見守るお庭。


f0155048_234163.jpg
V字ラインの奥に鎮座されています。


f0155048_2342085.jpg
直線だけではなかったですね~。
丸い植え込みも一つ。


f0155048_23421431.jpg
V字を逆から。


f0155048_23422587.jpg
お地蔵様を横から。


f0155048_23424696.jpg
お地蔵様にお参りして振り返ると、円と直線のサツキコラボが楽しめました。


f0155048_2342508.jpg
これ、全部ピンクに染まるとホントに鮮やかなんですよ。


f0155048_234318.jpg
直線の美しさが際立つカット。


f0155048_23454779.jpg
猫目線で。


f0155048_2342277.jpg
ピンクに染まりきらなくても、美しいなぁ。


f0155048_234631.jpg
サツキの花が終わると、再び綺麗に緑色のバーになるよう、剪定されます。

美しく維持されたサツキの生け垣。また来年楽しみにしていますね(^^)
by kwc_photo | 2018-07-10 07:10 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29912558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rollingwest at 2018-07-11 06:16
この穏やかな京都の風景があのような豪雨に襲われたとは・・。西日本の豪雨は本当に大変なことになり被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。地震や豪雨で毎年天災に悩まされる日本ですが平穏無事の日常を過ごせることが一番ですね。
Commented by kwc_photo at 2018-07-14 13:02
>rollingwestさん
京都も川沿い、特に桂川のあたりはあふれそうになったようですが、
報道が京都市内に偏っていたものの、実は被害が大きかったのは北の方の
綾部の方でした。見慣れた場所が・・・という思いはありましたが、今回の
災害は京都市内より他の地方が大変でしたよね。
ホントに早く被災された方に平穏の日々が訪れますよう祈りたいです。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 桜咲く京都2018 西行桜咲く勝持寺 桜咲く京都2018 花盛りの大... >>