百花繚乱の石光寺
          
f0155048_2228741.jpg
ボタンで有名な石光寺ですが、今年は芍薬の満開も重なって花盛り。
素晴らしいタイミングで訪れることができました。

(※4月22日撮影)





f0155048_22285923.jpg
石光寺へ。
門をくぐったところから、もう花々が満開!です。


f0155048_22291312.jpg
砂壇のまわりもいろいろな花が彩っていますね。


f0155048_22293185.jpg
石光寺といえば、まずは牡丹でしょう。
ゴージャスな花を満開に咲かせている牡丹は見事のひとこと。


f0155048_222957100.jpg
そして、今年はいろいろな花がいっぺんに咲くシーンが見られましたが、何とヒラドツツジもいい感じ。
中央下部のピンクのヒラドツツジの中央は、白いキリシマツツジなんですよ。


f0155048_2230472.jpg
レモンイエローの牡丹。
なんとも高貴なお姿。


f0155048_22301930.jpg
牡丹といえば、なこの赤とピンクですね。こちらもきれい。


f0155048_2231257.jpg
そして・・・芍薬も咲いてくれているかな?と思っていたら、いきなり発見。
ピンク色の清楚な芍薬。


f0155048_22312772.jpg
お次はクリーム色。
花芯の中央が赤いのもチャームポイントですね。


f0155048_2231313.jpg
ここにもピンク。
なんとも可愛らしい花です。


f0155048_22334389.jpg
わぁ!
満開となった芍薬。これだけ咲くと豪華ですね。


f0155048_22335351.jpg
鐘楼横でもピンクの芍薬が満開!


f0155048_223469.jpg
牡丹の花園の奥に見えたのは藤棚。
もう満開見頃。長さもいい感じです。


f0155048_22341516.jpg
というわけで、藤棚の下へ。
足元ではキリシマツツジが彩りを添えます。


f0155048_22342348.jpg
こちらでは藤と芍薬のコラボレーション。
まさに百花繚乱。花の宴ですね。


f0155048_22345486.jpg
特徴的な石灯籠と牡丹の花たち。


f0155048_2235163.jpg
石塔の周りではコデマリが満開に。


f0155048_2235193.jpg
牡丹とキリシマツツジも競演中。
こんな年もあるんですねぇ。びっくりです。


f0155048_22353569.jpg
何と、石楠花まで咲いていましたよ。
このお寺にもたくさんあるんですが、今年は石楠花の見頃が早く、諦めていました。
まだ満開で待っててくれたのは嬉しいなぁ。


f0155048_22355873.jpg
所狭しとあちこちで花開く空間。


f0155048_22361724.jpg
お、こちらはオオデマリですね。
白い花が重たそうなくらい咲いていました。


f0155048_22362941.jpg
帰り際に見つけたのはオダマキ。
この花も可憐な花ですね。


f0155048_22363467.jpg
紫色と白の爽やかな組み合わせ。
花の造形も美しい。


f0155048_2237262.jpg
牡丹を見に来た石光寺でしたが、思いがけない百花繚乱の時に訪れることができました。
京都のお寺ほど混み合わないのもいいですね。
by kwc_photo | 2018-06-09 06:09 | 奈良(Nara) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29832254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 桜咲く京都2018 妙顕寺ライ... 桜咲く京都2018 桜咲く六孫王神社 >>