桜咲く京都2018 本満寺のしだれ桜
          
f0155048_16195475.jpg
早咲きのしだれ桜、といえば、ここは外せませんね。
本満寺の一本桜。
やっぱり美しい桜です。

(※3月26日撮影)





f0155048_1614191.jpg
朝イチで本満寺へ。
朝日に照らされるしだれ桜。


f0155048_16152418.jpg
朝の輝き。満開を迎えた朝でした。


f0155048_16162388.jpg
堂々たる立ち姿。
本満寺のしだれ桜のイチの魅力はこのフォルム。


f0155048_16171534.jpg
ただ・・・残念なことに、苔庭の上など、石畳以外のところに立ち入る観光客が増えてしまい・・・
急遽、前日に柵ができたのでした。


f0155048_16181799.jpg
なので、あまり柵が入らないように・・・と部分撮り。
枝垂れる姿、この桜は高低差がすばらしいのですよ。


f0155048_163021100.jpg
同日正午に再訪。
ん~、やっぱり真新しい柵が目立っちゃいます。
赤いコーンも立っていて、桜以外に目が行ってしまいますね。
でも、引きで見るこの桜、やっぱり素晴らしいでしょう?
庫裏を覆い尽くすくらい、大きな傘のしだれ桜です。


f0155048_16183829.jpg
折しも筋雲が。
春の青空の爽やかさに、桜も嬉しそう。


f0155048_1619351.jpg
降り注ぐような桜シャワー。


f0155048_16273950.jpg
筋雲もクッキリしてきました。
下から伸びているのはボタンの花芽。春がどんどん進んでいきます。


f0155048_16132924.jpg
そして・・・やっぱりこの大きな花の傘の下に入りたくなりますね。


f0155048_1620326.jpg
まるで滝の裏側に入ったような・・・


f0155048_16202726.jpg
満開の花が重そうに見えるほど、たくさんついていました。


f0155048_16203561.jpg
お堂の鈴緒で額縁を作ってみました。


f0155048_16222873.jpg
そして、最後は塀越しに。
このカットなら柵は入りませんしね(^^)


f0155048_1622368.jpg
門前の山桜も咲き始めて、一気にアチコチ満開になる前触れが・・・・
思えば、このあたりから、怒涛の桜満開ラッシュ、でしたよね、今年は。

桜の回りに設置された柵に、観光マナー、そして撮影マナーを考えさせられました。
以前は柵がなくても、マナーを守れていたんです(一部アカン人はいましたが)
裏を返せば、規制されなくても当然守れるのがマナーとも言えます。
規制されて守るのはルール、ですからね。


誰から言われるでもなく、美しい景観を、美しく守れること。

譲り合い、美しいと思う心を共感できること。

日本人が守ってきた道徳や美意識、精神というものが、今になって問われている気がします。

誰かがやっているから自分もやる、ではなく、

ダメなことはやらない、見かけたら声をかける

喧嘩をするのではなく、独り占めするのではなく、

皆で美しいものを、美しい景色を共有する

そんな思いを持ちながら、撮影することを心がけたいですね。
by kwc_photo | 2018-05-17 06:17 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29784934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 五色八重散椿咲く地蔵院 平安神宮例祭翌日祭 奉納舞踊・... >>