桜咲く京都2018 本満寺のしだれ桜
          
f0155048_16195475.jpg
早咲きのしだれ桜、といえば、ここは外せませんね。
本満寺の一本桜。
やっぱり美しい桜です。

(※3月26日撮影)





f0155048_1614191.jpg
朝イチで本満寺へ。
朝日に照らされるしだれ桜。


f0155048_16152418.jpg
朝の輝き。満開を迎えた朝でした。


f0155048_16162388.jpg
堂々たる立ち姿。
本満寺のしだれ桜のイチの魅力はこのフォルム。


f0155048_16171534.jpg
ただ・・・残念なことに、苔庭の上など、石畳以外のところに立ち入る観光客が増えてしまい・・・
急遽、前日に柵ができたのでした。


f0155048_16181799.jpg
なので、あまり柵が入らないように・・・と部分撮り。
枝垂れる姿、この桜は高低差がすばらしいのですよ。


f0155048_163021100.jpg
同日正午に再訪。
ん~、やっぱり真新しい柵が目立っちゃいます。
赤いコーンも立っていて、桜以外に目が行ってしまいますね。
でも、引きで見るこの桜、やっぱり素晴らしいでしょう?
庫裏を覆い尽くすくらい、大きな傘のしだれ桜です。


f0155048_16183829.jpg
折しも筋雲が。
春の青空の爽やかさに、桜も嬉しそう。


f0155048_1619351.jpg
降り注ぐような桜シャワー。


f0155048_16273950.jpg
筋雲もクッキリしてきました。
下から伸びているのはボタンの花芽。春がどんどん進んでいきます。


f0155048_16132924.jpg
そして・・・やっぱりこの大きな花の傘の下に入りたくなりますね。


f0155048_1620326.jpg
まるで滝の裏側に入ったような・・・


f0155048_16202726.jpg
満開の花が重そうに見えるほど、たくさんついていました。


f0155048_16203561.jpg
お堂の鈴緒で額縁を作ってみました。


f0155048_16222873.jpg
そして、最後は塀越しに。
このカットなら柵は入りませんしね(^^)


f0155048_1622368.jpg
門前の山桜も咲き始めて、一気にアチコチ満開になる前触れが・・・・
思えば、このあたりから、怒涛の桜満開ラッシュ、でしたよね、今年は。

桜の回りに設置された柵に、観光マナー、そして撮影マナーを考えさせられました。
以前は柵がなくても、マナーを守れていたんです(一部アカン人はいましたが)
裏を返せば、規制されなくても当然守れるのがマナーとも言えます。
規制されて守るのはルール、ですからね。


誰から言われるでもなく、美しい景観を、美しく守れること。

譲り合い、美しいと思う心を共感できること。

日本人が守ってきた道徳や美意識、精神というものが、今になって問われている気がします。

誰かがやっているから自分もやる、ではなく、

ダメなことはやらない、見かけたら声をかける

喧嘩をするのではなく、独り占めするのではなく、

皆で美しいものを、美しい景色を共有する

そんな思いを持ちながら、撮影することを心がけたいですね。
by kwc_photo | 2018-05-17 06:17 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29784934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2018-05-17 21:04
たまりませんね、お見事バグースです。
天気も良かったですね。
今年は開花が早くて、アラックは葉桜になっていました。

Commented by kurese0535 at 2018-05-17 21:42
こんばんわです。
本当にここの枝垂れ桜は形、枝垂れっぷり、花付き、毎年すばらしいですね。
そして26日から一週間休みたいと思った人はたくさんおられるでしょうね。
柵、残念でしたね。石の通路と枝垂れの先を絡めて撮るのが気に入っているんですができませんでした。
マナー、守れない人は多々みられますよね。
今後、こういう対策や撮影禁止なんてことも出てくるかもしれませんね。
自分も守っているつもりでも撮影しない方からすると邪魔になっていたりするかもしれないので
いろいろ気をつけていきたいと思います。
Commented by いつもはROMさん at 2018-05-18 00:19 x
>誰から言われるでもなく、美しい景観を、美しく守れること。
>譲り合い、美しいと思う心を共感できること。
>日本人が守ってきた道徳や美意識、精神というものが、今になって問われている気がします。

全くもってご尤もです。正論ですね。賛成します(^^)/
でも、犯人は日本人より外国人が多いと思いますよ。嵐山の竹林のニュースを見て分かるように。
相手は日本人じゃないから、日本の「精神」や「道徳」は通じないと思います(普遍的概念ではないので)。

>ダメなことはやらない、見かけたら声をかける

これを「異邦人」に出来るか?が問われているのですよ。本来は政府が対策すべき問題ですが。
昨今の観光政策の弊害だと思います。確かに経済的には潤ったが、日本の良さが喪われていく。
日本の原風景や伝統や祭、そういったものを商品として売っているのだから、自業自得ですよね。

「日本を護る」という文化戦争はもう始まっているのですよ。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 五色八重散椿咲く地蔵禅院 平安神宮例祭翌日祭 奉納舞踊・... >>