桜咲く京都2018 京都府庁旧本館のしだれ桜
          
f0155048_22433099.jpg
枝ぶりの見事な一本桜。
職場から自転車でスイーッと行ける京都府庁旧本館、お昼休みに行ってきました(^^)

(※3月23日撮影)





f0155048_22435645.jpg
京都府庁旧本館は明治37年に竣工した建物。
美しいアーチから見える桜は、何となくレトロモダン。


f0155048_22443421.jpg
ちょうど見頃を迎えていた桜。
フライング気味に訪れたのですが、それが幸い(^^)


f0155048_22443936.jpg
いつも人が多いここですが、全く人がいません。ヤッター(笑)


f0155048_2245297.jpg
青空に向かって花を開いたしだれ桜。
今年は例年より1週間は早い満開。


f0155048_2245529.jpg
何と気持ち良い。
静かに桜と対話できる時間です。


f0155048_22463191.jpg
まだ枝先までは満開とはいかないまでも、ゆっくり眺められるのは嬉しい限り。


f0155048_2247438.jpg
建物の中から桜を見ましょう。
クラシカルな窓越しに見る桜。


f0155048_22471170.jpg
春の日差しに桜も嬉しそうにしています。


f0155048_22472145.jpg
この窓のデザインもいいですよね。


f0155048_22474734.jpg
窓を開けて外を眺めます。
おお~、誰もいない(^^)



f0155048_22475089.jpg
人を避けながら撮るのがなかなか難しい場所ですが、これだけスッキリしているのも珍しいですね。


f0155048_2248771.jpg
建物はロの字方。
反対側に回ってくると、こちらは大階段に大きな窓があります。
ここから見る桜も趣がありますね。


f0155048_22482913.jpg
中二階の小窓からも眺めてみました。


f0155048_22485130.jpg
建物から外に出る場所も、アーチが使われているおしゃれデザイン。
アーチを少し入れて、桜を眺めます。


f0155048_22501699.jpg
こんな感じ。
重厚な柱の質感もいいですね。


f0155048_22524388.jpg
ルネサンス様式の建築物。
京都の桜といえば、寺社が多いですが、ここはちょっと異色な組み合わせです。


f0155048_22525696.jpg
温かいので、見ている間にも花が開いてきているような感じ。
満開一歩手前ってところが、春の芽吹きの勢いを感じられます。


f0155048_22533261.jpg
桜の傘の下で。
今年は晴れた空のもとでたくさんの桜を楽しめましたが、
そんな晴れの桜の始まりがこの日でした(^^)


f0155048_22533694.jpg
キラリン。
最後は思い切って太陽に向かって。

京都府庁旧本館のしだれ桜。この後、紅しだれや容保桜なども咲き乱れる桜の庭ですが、
今年はこの一回しか訪れることが出来ませんでした(^^ゞ
ダッシュで駆け抜けていく桜のスピードについていくのがやっとでしたもんね。
by kwc_photo | 2018-04-19 06:19 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29723626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 東山花灯路2018 ~奉納舞踊... 東山花灯路2018 ~奉納舞踊... >>