Finale!雪の京都2018 宝泉院の雪景色
          
f0155048_0231137.jpg
大原の額縁庭園といえば、ここ、宝泉院ですよね。
雪景色の宝泉院、今年は楽しむことが出来ました。

(※1月27日撮影)





f0155048_0234010.jpg
宝泉院入口へ。
青空が出て、なんて爽やかな雪景色。


f0155048_0235021.jpg
五葉松を望む前庭もすっぽり雪に覆われていました


f0155048_024297.jpg
凍りついた池を横目に、お寺の中へ入らせてもらいましょう。


f0155048_025622.jpg
廊下からみる鶴亀の庭。
なかなかの雪の量ですね。ちょっと多すぎるくらいです(^^ゞ


f0155048_025117.jpg
鶴と亀の形は確認できないなぁ・・・(笑)
モリモリの積雪でした。


f0155048_0254344.jpg
囲炉裏のあるお部屋も、額縁光景で裏庭を楽しむことができました。


f0155048_0255848.jpg
本堂側から鶴亀の庭を望む。
雪の華もたっぷり。雪国のような光景です。


f0155048_0262881.jpg
五葉の松の立つお庭も真っ白。
松の枝枯れした部分は綺麗に修復されていました。


f0155048_0265029.jpg
こちらも雪の華は満開ですね。
屋根から氷柱がいっぱい。わかりますでしょうか?


f0155048_0265658.jpg
ちょっと奥まった場所にあるからか、積雪量は多めでした。


f0155048_027246.jpg
水琴窟も凍てついていて、音が鳴っていませんでした(^^ゞ


f0155048_0271571.jpg
五葉松を額縁で眺める。
雪のお陰で、修復痕はそんなに目立たないかも(^^)


f0155048_0272622.jpg
お茶とお菓子が運ばれてきました。
松を眺めながら、ゆったりいただきました。
寒いので、温かいお茶が沁みるなぁ。


f0155048_0281074.jpg
先客が去り始めると、額縁タイムの始まりです。
が、まだお茶を飲んでおられるかたもおられたので、しばし待ちましょうか(^^)


f0155048_0283057.jpg
こんな額縁はいかが?


f0155048_0291127.jpg
少しずつ、広くアングルを取っていきましょう。


f0155048_0293194.jpg
いろいろな角度から、雪のお庭を楽しみます。


f0155048_0301425.jpg



f0155048_0303245.jpg
こんな額縁もどうでしょう?
鶴亀の庭を格子窓から。


f0155048_031339.jpg
あちらこちらから眺めて、美しい雪景色を堪能させていただきました。


f0155048_0313959.jpg
そろそろお暇を。
帰り際、まだ玄関前の池はキンキンに凍っていました。


f0155048_0315547.jpg
宝泉院の門から、勝林院側を見ると、こちらも雪国のような光景でした。

結局寒い日がいっぱいあったにも関わらず、積雪としては2月以降、ほとんどなく、
これが今シーズンラストの雪景色となりました。
by kwc_photo | 2018-04-16 06:16 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29717184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 桜咲く京都2018 六角堂の御幸桜 桜咲く京都2018 旧有栖川宮... >>