雪の京都2018 実光院の雪景色
          
f0155048_2250484.jpg
見事な雪景色が広がっていた大原。
次は、実光院です。
積もりすぎて、お庭は部分的にしか歩けませんでしたが、素晴らしい雪景色です。

(※1月27日撮影)





f0155048_22504035.jpg
実光院さんの門をくぐると、背後から暖かさを感じました。
背後に青空が見えてきています。これはいい感じ(^^)


f0155048_22504314.jpg
お寺の屋根は真っ白。
雪国みたいですね。


f0155048_22512049.jpg
中へ入ると、ガラス戸越しに広がる額縁の雪景色に見とれました。


f0155048_22512495.jpg
雪が降り続いていたためか、ガラス戸が閉まったままでしたが、
これはこれで、いい感じ。


f0155048_22513448.jpg
ガラス越しに池の方を撮影。
池も凍てついていますね。


f0155048_22515837.jpg
ガラス戸にへばりついていたら「晴れてきたので、開けましょうか?」と。
嬉しいお言葉!一緒にお手伝いしてガラス戸を開けました。


f0155048_22521680.jpg
よく頑張ったね、と言わんばかりに、ガラス戸を開けたとたん、木漏れ日が入りました。美しい・・・


f0155048_22523343.jpg
お日様が出たり、陰ったり。
目まぐるしく光の具合が変わります。
陰った感じも悪くないですね~。


f0155048_22525685.jpg
うっすら木漏れ日にて。


f0155048_2253814.jpg
いやはや、美しい。
見事な光景がアングルを変えるたびに広がります。


f0155048_22532676.jpg
木漏れ日バージョンと・・・


f0155048_22541056.jpg
木漏れ日ナシのバージョン。
どちらがお好みでしょう?(笑)


f0155048_22542515.jpg
午後なのに、これだけ素晴らしい雪景色が保っていてくれたことに感謝。


f0155048_22543152.jpg
雪の華もまだまだ満開状態。
池の鯉が心配ですが(^^ゞ


f0155048_2255104.jpg
さて、お庭を歩いてみましょう。


f0155048_22552549.jpg
気流が渦巻いているのか、青空が出たり、曇ったり。
こちらの池も全面凍結していました。


f0155048_22555348.jpg
全体的に雪の量が多すぎたのか、踏み石が出る程度まで雪かきしていただいていて、
それより先は立入禁止、でした。


f0155048_2256128.jpg
お寺の建物側を振り返って。
雪から浮き出た踏み石が面白い造形美を作っていました。


f0155048_22562394.jpg
お、かなり青空が濃くなりました。
借景の山も、白く雪化粧していますね。


f0155048_2257850.jpg
石楠花の木も雪で埋もれています。
枝が折れなければ良いなぁと、ちょっと心配しちゃいました。


f0155048_22571727.jpg
残念ながら池の方へは行けないようです。
美しい雪景色を堪能した実光院、そろそろ御暇しましょう。


f0155048_22573035.jpg
さぁ、門を出て、今シーズン最後の雪景色撮影となった宝泉院へ向かいます。

というわけで、次回が雪景色のラストアップとなります(^^)
by kwc_photo | 2018-04-14 06:14 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29714752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 桜咲く京都2018 旧有栖川宮... 桜咲く京都2018 近衛邸跡の... >>