お見世出し(祇園甲部・瑞乃さん)
          
f0155048_0342731.jpg
花街では、春の「をどり」の季節を前に、お見世出しが相次いでいます。
今回は祇園甲部のお茶屋「福嶋」からお見世出しされた瑞乃(みずの)さんの様子をお届けします。







f0155048_0195528.jpg
男衆さんにつづいて瑞乃さんが出てこられました。


f0155048_0195963.jpg
初々しく、チョコンと待っておられます(^^)


f0155048_0203598.jpg
お、うつむき加減の表情はなかなか大人っぽいですね。


f0155048_0203979.jpg
お茶屋の芸妓、章乃さんがお姉さんです。
二人で記念撮影されました。


f0155048_0205015.jpg
さぁ、あいさつ回り開始です。
お化粧も上手で、ちょっと完成された感すらありますね。美形舞妓さんの誕生です。


f0155048_021210.jpg
なかなかかわいらしいなぁ。


f0155048_0221933.jpg
あ、笑顔もちょっと出ました。
こういう笑顔なんですね(^^)


f0155048_0222619.jpg
キリリ。
上紅を塗ってないのでおぼこく見えますが、なかなか大人びたお顔だちです。


f0155048_0223897.jpg
この日は日曜日だったので、あいさつ回りの順番も変則的。
まずはお師匠さんの井上八千代さんのところへ向かわれました。
巽橋を渡ります。


f0155048_0225192.jpg
そして、今後何度も通うことになる門をくぐり、ご挨拶へ。
光が差す門の中へ。美しい光景でした。

f0155048_023079.jpg
白川の白梅さん前で記念撮影。
もう少し白梅が咲いていればな~。


f0155048_0231629.jpg
表情も柔らかく・・・
やっぱりかわいらしい子ですね。


f0155048_02434.jpg
さらに辰巳神社でも記念撮影。


f0155048_0242466.jpg
どことなく、お姉さん芸妓の章乃さんとも似た涼やかな目元。


f0155048_0252949.jpg
みの家さんへ。
ちょっといたずらっぽい表情もプリティ。


f0155048_0261222.jpg
これは成長が楽しみな舞妓さん。
祇園の水に磨かれてさらに美しくなられることでしょうね。


f0155048_0262630.jpg
横顔も端正な雰囲気。


f0155048_0263497.jpg
お見世出し独特の銀いろの見送り。
べっ甲の簪や櫛も豪華ですね。


f0155048_026521.jpg
中支志さんへ。
どうやらお留守みたい・・・


f0155048_028247.jpg
その間に、こちらを向いてサービスしてくれました(^^)


f0155048_0284365.jpg
少し挨拶回りにもなれて、リラックスしてきましたね。
表情がほぐれてきました。


f0155048_029829.jpg
木村咲さんへ。
後姿もゴージャス。金の帯には、福嶋の家紋、アゲハチョウが刺繍されています。


f0155048_0294725.jpg
お、いい笑顔ですね。


f0155048_0302845.jpg
一力亭にて。
暖簾をくぐって出てこられましたが・・・


f0155048_030519.jpg
もう一回!のリクエスト(笑)
再度入られる際に、ちらりとこちらを見てくれました。


f0155048_0311910.jpg
吉うたさんから出てきた瑞乃さん。
お、ちゃんと足元を見ないと・・・(^^ゞ


f0155048_0314113.jpg
うわっとぉ~
危うく転びそうになるところを、男衆さんが帯のところを支えて助けました。
おこぼは10cm以上あるので、ちょっとの段差でも危ないんですよね。
ちゃんと足元見ようね、とアドバイスを受けてはりました(笑)


f0155048_0323346.jpg
絵になる桝梅さんのエントランス。
後姿も絵になります。


f0155048_033086.jpg
そして、挨拶を終えて戻ってこられました。
魅惑の桝梅さん、一度入ってみたい場所です(^^)


f0155048_0193669.jpg
凛とした、いい瞳を持ってますね。
意志は強そう。頑張って1年仕込みさんを続けられたんですもんね。
舞妓さんになる夢を叶えた瑞乃さん、これからのご活躍に期待です。


f0155048_0345023.jpg
大恒さんにて。
ここの玄関先はとても綺麗で絵になります。


f0155048_0351431.jpg
ここでもポーズ。
すっかり舞妓さん姿が板についているのがスゴイ。
人気が出そうな舞妓さんです。


f0155048_0353180.jpg
「ん?人気が出そう?どんな子やろな。見てやろかい。」
お茶屋の西村さんの看板犬、チロちゃんが瑞乃さんに反応(^^)


f0155048_0355290.jpg
「お、なかなかべっぴんさんやないの」
瑞乃さんを見つめるチロ。微笑ましい一瞬でした。


f0155048_036971.jpg
挨拶を終えて出てこられた瑞乃さんに、再びアイコンタクト。
「ワンだふる」とチロちゃんがお墨付きをつけたので、大人気間違いなしですね(^^)


f0155048_0363538.jpg
多麻さんへ。


f0155048_0365451.jpg
そして、お向かいのつる居さんへご挨拶ののち、再びポーズしてくれました。


f0155048_0372537.jpg
髪を直す瑞乃さん。
こういう仕草も舞妓さんの魅力になりますね。


f0155048_0374026.jpg
石畳を歩くお二人。
カッコイイなあ。


f0155048_038265.jpg
最後は福嶋さんの前にて。


f0155048_038946.jpg
これから歩む道は、飽くなき芸の追求の道。
舞妓さんの時期は、芸妓さんになるための修業の期間と言われます。
これから井上流の京舞はもちろんのこと、笛や三味線などの楽器や、お茶、お花のお稽古など、
たくさんのことを身につけていかれます。がんばってくださいね。


f0155048_0381525.jpg
かくして、また一人、祇園甲部にニュースターが輝きました。
瑞乃さんの前途に幸あれ。ご活躍をお祈りいたします。
by kwc_photo | 2018-03-29 06:29 | 京都(Kyoto)
    
<< 桜咲く京都2018 淀水路の河津桜 雪の京都2018 南禅寺方丈庭園 >>