雪の京都2018 南禅寺境内
          
f0155048_15254793.jpg
思いがけない雪の朝だった1月14日。
静かに雪景色が楽しめた南禅寺、境内の様子をお届けします。

(※1月14日撮影)





f0155048_21502989.jpg
三門の額縁から。


f0155048_15261148.jpg
おお!素晴らしい雪の華が詰まった額縁になりました。


f0155048_15264862.jpg
三門をくぐって見上げると、これまた見事な雪の華。
積もり具合がほどよいので、とても繊細なフォルムを保っていました。


f0155048_15265233.jpg
少し離れて、金堂側から三門を。
参道の淡雪具合を見ると、本当に薄っすらと積もったのだということがわかります。


f0155048_21514075.jpg
雪の華越しに三門を。


f0155048_1527463.jpg
方丈方面を眺める。
石段も真っ白。東山にも淡雪で綺麗にお化粧が施されていました。


f0155048_15271068.jpg
松のお庭越しに正因庵を眺める。


f0155048_15272599.jpg
法堂横にて。
華頭窓下には雪は積もっておらず、逆に対照的で面白い。


f0155048_21551375.jpg
雪の華に囲まれた法堂。



f0155048_221527.jpg
お見事です。


f0155048_15273767.jpg
再び三門下へ。



f0155048_15275122.jpg
雪の華の美しさにしびれます。


f0155048_15275965.jpg
このアングル、蹴上駅の南禅寺の看板と同じです(笑)
看板は紅葉ですがね。雪景色だとこうなります。


f0155048_15282170.jpg
三門をバックにした部分を見ると、雪の華の繊細さがよく見えますね。
枝のフォルムが浮き出るようで、美しい光景でした。


f0155048_2158077.jpg
天授庵もあとで寄ります。
この雪の華満開の東山を見れば、行かざるを得ませんね(^^)


f0155048_2225371.jpg
方丈入口の庫裏の屋根も、美しい雪の華に飾られていました。


f0155048_21591439.jpg
次は水路閣へ。


f0155048_220131.jpg
秋は紅葉で楽しませてもらったこの場所は、雪の華の彩りに取って代わりました。


f0155048_15284657.jpg

山に近づくほど雪がたくさん振ったのでしょうね。
雪の華もやや分厚くついています。


f0155048_15284991.jpg
水路閣をくぐって見えてきたのは南禅院。

次回の雪景色は南禅院の様子をお届けします。
by kwc_photo | 2018-03-24 06:24 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29666140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 桜咲く京都2018 長徳寺のおかめ桜 西国街道ひな人形めぐり・富永屋... >>