滋賀の紅葉2017 秋色に染まる教林坊
          
f0155048_2020543.jpg
雨の教林坊を訪れました。
散った葉もシットリ。本当に美しい光景が広がっていました。

(※11月29日撮影)





f0155048_2021831.jpg
駐車場で最初に見えた光景から、ワクワクが止まりません。
発色は絶好調ですね。


f0155048_20212018.jpg
石段を上がっていきましょう。
総門は秋色ゲート、ですね。


f0155048_20212645.jpg
雨で艷やかになった紅葉が左右を彩る山道を上がっていきます。


f0155048_20233261.jpg
さぁ、お庭の入口にやってきましたよ。


f0155048_2028574.jpg
受付を済ませると、窓の向こうに真っ赤な紅葉が。


f0155048_20221071.jpg
おお、真っ赤な絨毯!


f0155048_20221811.jpg
この色こそ、教林坊の赤ですね。


f0155048_20222571.jpg
真っ赤な絨毯を作っていたのはこの木。
まだまだ絶好調の紅葉。竹やぶをバックにとても美しい枝ぶりを見せてくれました。



f0155048_20282755.jpg
さぁ、石段を登って書院方面へ。


f0155048_2028411.jpg
石段をあがったところから。
晩秋の教林坊の色、ここに極まれり、ですね。


f0155048_2029099.jpg
小堀遠州作の名勝庭園が見えてきました。


f0155048_20294587.jpg
岩と紅葉の織りなす光景。


f0155048_2029498.jpg
苔むした岩に、赤、黃、オレンジの散り紅葉が彩りを添えます。


f0155048_20302620.jpg
太子の説法岩、と言われる巨石を中心に、独特な石組みのお庭。


f0155048_20305079.jpg
普陀落の庭。
こちらも紅葉、散り紅葉ともに見事。


f0155048_20305596.jpg
真っ赤な絨毯、ここにもありました。


f0155048_20312731.jpg
本堂とお庭の間は、真っ赤な川が出来ていました。
その向こうは黄金の紅葉。すごい光景です。


f0155048_2032715.jpg
説法岩を散り紅葉が彩ります。


f0155048_2032319.jpg
本堂を包み込むような紅葉たち。
雨靄も相まって、幻想的な紅葉風景。


f0155048_2032517.jpg
今シーズンから書院には入れなくなりました。残念・・・。


f0155048_2033996.jpg
本堂を回り込んで、先程の紅葉の川を逆側から。


f0155048_20332357.jpg
本堂のガラスに映り込む紅葉も綺麗。


f0155048_20334516.jpg
赤と黄色の紅葉がゲートを作ってくれていました。
足元には千両の赤も彩りを添えます。


f0155048_2034838.jpg
少し上から本堂を見下ろす。
様々な色の紅葉が織りなす秋模様。見事です。


f0155048_20343470.jpg
石塔をアクセントに。
散り紅葉の色も雨で色濃く・・・素晴らしかったです。


f0155048_20345813.jpg
木立の中に見える本堂を眺めながら、出口に向かいます。


f0155048_20352387.jpg
石段のところで再び。
ヤツデの白い花も咲いていて、赤・オレンジ、緑、白と色がいっぱい。
カラフルです。


f0155048_20354635.jpg
再び受付を通って外に出ます。
しだれた黄色い紅葉が見送ってくれました。


f0155048_20362118.jpg
書院横の生け垣を眺めつつ、帰りましょう。
背の高い紅葉が見事。


f0155048_2036344.jpg
総門を内側から。
帰り道も紅葉に楽しませてもらえました。


f0155048_20382476.jpg
再び総門を振り返って。

極彩色の紅葉が待っていてくれた教林坊。
雨の日を選んで訪れてみてよかったです(^^)
by kwc_photo | 2018-03-18 06:18 | 滋賀(Shiga) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29658241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 興正寺の紅白梅 桜咲く京都2018 桃山駅の寒桜 >>