新春の舞・十二月(祇園甲部・市晴さん、小衿さん)
          
f0155048_2354162.jpg
舞妓さんお二人による舞は「十二月(じゅうにつき)」。
上方の端唄です。





f0155048_23541210.jpg
十二月は元々は手毬唄。
舞にも手毬を思わせる所作が入っています。


f0155048_23543331.jpg
舞は市晴さんと・・・


f0155048_23544855.jpg
小衿さん。
地方さんは福奈美さんと君鶴さん。この曲ではお二人とも三味線です。


f0155048_2354547.jpg
♪先ず初春の、暦開けば心地よいぞや皆姫はじめ


f0155048_2355746.jpg
♪ひとつ正月 年を重ねて


f0155048_23551952.jpg
♪弱いお客はつい門口で


f0155048_23553947.jpg
♪御礼申すや


f0155048_23554268.jpg
♪新造禿は


f0155048_2356250.jpg
♪例のかわらけ取りどり


f0155048_23561018.jpg
♪なずな七草囃し立つれば 心いきいき ついお戒めと

f0155048_23563474.jpg
♪じっと手に手を七五三(〆)の内とて


f0155048_23563749.jpg
♪奥も二階も


f0155048_23564819.jpg
♪羽根や手まりで拍子そろえて


f0155048_2357330.jpg
♪音もドンドと突いてもらえば 骨正月や


f0155048_23575594.jpg
♪大師こうして


f0155048_2358535.jpg
♪すすめられつつ又しわすれど


f0155048_23584461.jpg
♪おとご愚かや よい事始め


f0155048_23593279.jpg
♪陽気浮気のほうき客とて、中や南を掃いて廻るが煤取り


f0155048_0078.jpg
♪後にゃくたびれ ほんの餅搗き早や節分の


f0155048_001437.jpg
♪汚れ不浄の厄を払うて


f0155048_003839.jpg
♪豆のかずかず ちょと三百六十四 ついた ひぃふぅみぃよぉ


f0155048_005165.jpg
長い端唄ですが、最初と最後の部分を抜粋で舞っていただきました。

お正月、七草、ドンド(左義長)、大師講、事始め、煤取り、と節分が出てきましたね。
風物詩が織り込まれた風流に、ちょっとお色気も入った粋な唄です。
by kwc_photo | 2018-01-17 06:17 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/29240352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 大星由良之助 at 2018-01-17 12:51 x
お写真ありがとうございます。

市晴ちゃんは13日の初舞いも立派に務めました。

秋頃には襟替えでしょうか。
Commented by umi_bari at 2018-01-17 17:18
Katsuさん、舞妓さん、紅葉と交互に投稿されるとは、いかに撮影が多いかがわかります。粋な舞をありがとうございます、バグースです。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-01-19 06:07
艶やかですねえ。
実際に見てみたいものです。
Commented by kwc_photo at 2018-02-07 19:50
>大星由良之助さん
13日、子どもの行事予定がありまして行けなかったのですが、
市晴さんが初舞のお当番だったのですね。
あのお当番にあたると、だいたいその年が襟替えの年になりますね(^^)
Commented by kwc_photo at 2018-02-07 19:51
>umi_bariさん
紅葉を一日置きに出していくと、なかなか終わりません~(^^ゞ
今年もまた2月まで紅葉が継続中です。
まだまだあります。がんばらねば・・・(^_^;)
Commented by kwc_photo at 2018-02-07 19:51
>j-garden-hirasatoさん
国立博物館の舞台は、明るくて見やすかったですよ。
金屏風前での舞、豪華でした。
新春にピッタリですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 滋賀の紅葉2017 ドウダンツ... 京都の紅葉2017 錦秋・圓光寺 >>