雲龍院・窓から眺めるシャクナゲ
          
f0155048_2243592.jpg
シャクナゲ咲く雲龍院。
今年の花付きは本当に見事でした。

(※5月7日撮影)






f0155048_22415268.jpg
雲龍院に到着。
すっかり葉桜となった河津桜が出迎えてくれます。


f0155048_2242898.jpg
まずは色紙の窓がある蓮華の間へ。
おや、開け放たれた窓の向こうにピンク色の花が!


f0155048_22421242.jpg
おお、遠くに満開のシャクナゲが見えます。
これは心がはやりますね。


f0155048_22421853.jpg
と、そこは落ち着いて、まずはオススメの位置から色紙の窓を眺めます。
この時期は灯籠以外はみんな緑ですが、左から椿、灯籠、モミジ、松がうつります。


f0155048_22423351.jpg
逆サイドに移ると、灯籠が右から2つ目に移動。


f0155048_22423740.jpg
さらに、そこから視線を落とすと・・・
おお、あのシャクナゲが色紙の窓で楽しめましたよ(^-^)


f0155048_22425075.jpg
ちょっとハートマーク型にも見えるあのシャクナゲ。


f0155048_22425652.jpg
やっぱり次はあちらへ行ってみましょうか(^-^)


f0155048_22414557.jpg
おお!
廊下から見えたのは、奥のガラス窓越しに見える満開の西洋シャクナゲ。


f0155048_22431482.jpg
悟りの間に入ると、悟りの窓からもこのシャクナゲを楽しめました。


f0155048_22434036.jpg
丸窓から外を見ると、こんなに満開!でした。


f0155048_2244398.jpg
この悟りの間、迷いの窓(トップ画)と悟りの窓がメインですが、
こちらの窓は大楓の新緑がとても美しいんです。


f0155048_22441231.jpg
その対面は掛け軸のような新緑を楽しめました。


f0155048_22442075.jpg
屏風絵のように窓を使ってみました。
最後は、この新緑をあのお部屋から・・・


f0155048_2245521.jpg
そう、大輪の間です。
雪見窓から、ツツジが彩りを添える緑のラインを楽しんで、雲龍院を後にしました。
by kwc_photo | 2016-08-07 06:39 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/25535951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 八朔(祇園甲部・西村、つる居の... 月下美人咲く >>