襟替え(祇園甲部・紗月さん)
          
f0155048_22442455.jpg
佳き日。
心配されていた天候も、紗月さんの晴れの門出を祝うように光が差しました。
襟替えのあいさつ回りの様子をお届けします。

(※2月23日撮影)






f0155048_22451023.jpg
つる居の玄関先に紗月さんが姿を見せてくれました。
なんて晴れやかな笑顔。こちらも笑みがこぼれました。


f0155048_22461981.jpg
門前にいた一同で「おめでとうございます~!」
紗月さんは「おおきに~」と頭を下げてくださいました。
新調された芸妓さんの鬘、素敵です。

f0155048_22465598.jpg
どんな雰囲気になるのかな、と思っていましたが、何とお似合いなことでしょう(^-^)


f0155048_224658100.jpg
そして、グッと大人っぽく、艶っぽくなられました。
でも、この紗月さんの笑顔はそのまま。いやぁ、嬉しい日です。


f0155048_22471853.jpg
さぁ、あいさつ回りが始まります。
裏手から細道を抜けて花見小路へ。


f0155048_22474735.jpg
まずは一力さん。
暖簾を分けて出てくるシーン、なんてフォトジェニックな(^-^)
一力のワンちゃんも「ワンダフル」と言ったとか、言わないとか(笑)


f0155048_22482438.jpg
通い慣れた一力さんも、芸妓姿で初の出入り。
これからも一力さんには何度も呼ばれるのでしょうね。


f0155048_22484147.jpg
黒紋付は、舞妓さんのときにはあった「肩上げ」の縫い目がありません。
やっぱりシュっとしてカッコよくなるのが芸妓さんの着物ですね。


f0155048_22485566.jpg
格子戸を開けて出てこられる姿でパッと目を引くのは裾の波模様。
鮮やか、そして優美です。


f0155048_2251567.jpg
八坂女紅場学園の裏門です。
キリッとした表情も、すでに芸妓さんのそれになっていますね。


f0155048_22512269.jpg



f0155048_22521298.jpg
きねやさんでは笑顔で出てこられました。


f0155048_22552522.jpg



f0155048_22554679.jpg
大恒さんにて。


f0155048_2257233.jpg
こちらでは都をどりのポスターと競演(^-^)。


f0155048_22594694.jpg
颯爽と歩く姿も粋ですね。


f0155048_2322630.jpg
やなぎさんの難度の高い石段も、おこぼで降りるよりは楽ちん(のはず)です(^-^)。


f0155048_2334963.jpg
目線ありがとうございます(^-^)


f0155048_2343139.jpg
芸妓さんの鬘を被っての横顔、綺麗だなぁと思ったカット。
本当によくお似合いです。


f0155048_234459.jpg
また目線をいただけました。
ファインダー越しにドキッとしてしまいます(^-^)


f0155048_2353617.jpg
舞妓さんの髪結をずっとしてもらったキヌ美粧院にもご挨拶。
中ではお祝いの声。笑顔も弾けていました。


f0155048_238837.jpg
吉うたさん前にて。


f0155048_239458.jpg
犬矢来の間から、というこのアングルはとても京都らしい雰囲気。
芸妓姿の紗月さんがいてくれるとさらにプレミアムですね(^-^)


f0155048_2393512.jpg
福嶋さん前にて。
立ち姿もとても美しい。


f0155048_23102157.jpg
こちらは植物たちが玄関先をとても綺麗に彩っていました。


f0155048_2310529.jpg
晴れやかな表情が印象的。
溌溂とされていますね。


f0155048_23111964.jpg
また横顔にドキッ。
舞妓さん姿はとてもかわいらしかった紗月さん。
ほんの数週間でこんなに雰囲気が大人になるなんて。グッときちゃいますね。


f0155048_23115565.jpg
信号待ちではこんなに愛嬌のある笑顔でポーズ。
これぞ紗月さんです(^-^)。
この後、「じゃぁ、次はお兄さん、どうぞ~」と男衆さんにカメラマン前を勧めるユーモアも(笑)。


f0155048_2312144.jpg
絵になる富美代さん前。
後ろ姿も綺麗です。


f0155048_23124167.jpg
出てこられた姿は何とも神々しかったです(^-^)


f0155048_23125431.jpg
少しポーズしてくれました。
・・・ああ、芸妓さんになったんですね。改めてここでそう感じました。


f0155048_23132294.jpg
祇園白川の橋を通ります。
芸妓さんの鬘のフォルムがよくわかります。


f0155048_23134493.jpg
お店の宣伝みたいなカットになりましたが、男衆さんも笑顔で絵になりました(^-^)


f0155048_23142217.jpg
かとうさん前。
ランダム敷石はやっぱりちょっと注意しながら・・・(笑)


f0155048_23144832.jpg
舞妓さんの時と、少しだけお化粧も違うんですね。
キリリとした目元、格好いいです。都をどりが楽しみ。


f0155048_2315679.jpg
祇園新橋。
何とも凛々しい紗月さんです。


f0155048_23154243.jpg
さぁ、あいさつ回りもそろそろ終わり。
最後は辰巳大明神にて。


f0155048_23164643.jpg
紗月さん、襟替え本当におめでとうございます。
とてもよい笑顔に、紗月さんの輝かしい未来を感じた一日でした。
芸妓さんとしてのますますのご活躍をお祈りしています。

都をどりは、紗月さんが「三河八橋燕子花」に出演される日、見に行きます(^-^)
by kwc_photo | 2015-02-26 23:52 | 京都(Kyoto) | Trackback(1)
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/23721150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2015-02-27 07:22
タイトル : 祗園甲部 紗月 襟替え ~後編~
祇園を歩む 一力さんから芸妓 紗月さんが出てこられました。 出て来られる時の表情も素敵でした(^^) 出て行かれるかと思いましたが、サービスしてくれました。 一力さんの後はお世話になっているお茶屋さんを回られます。 表情が素敵ですね。 男衆さんと一緒に回られる姿も画になります。 犬矢来横を歩く紗月さん。 「やなぎ」さんに挨拶をした後 再び犬矢来横を歩く姿がとても画になりました。 木々が美しい「桝梅」さんの石畳を歩く姿が本当...... more
    
<< 詩仙堂・晩秋 石光寺・春の兆し >>