角屋・現存する唯一の揚屋建築の美
          
f0155048_10431693.jpg
松の庭が美しい角屋さん。
京都最大の料亭(揚屋)として名を馳せたこのお店の魅力、「京の夏の旅」で堪能です。






f0155048_10441161.jpg
島原大門。
かつてここをくぐる人は、夢の世界に誘われたのでしょうね。



f0155048_1044196.jpg
提灯の文字も味があります。


f0155048_10442331.jpg
さぁ、角屋さんが見えてきました。
圧倒的な格子造りの建物。隆盛を誇った姿は健在です。


f0155048_10465162.jpg
家紋の入った暖簾。
見事です。


f0155048_10471333.jpg
お客様入口。
赤壁が使われた一角です。
高級感を出すための工夫ですね。一力さんなどでもこの赤壁が使われていますよね。


f0155048_10472198.jpg
りっぱなおくどさんが出迎えてくれます。


f0155048_10473687.jpg
今で言うと5口のシステムコンロでしょうか。
大人数の宴会を支える台所、このくらいの設備は必要だったのでしょうね。


f0155048_10484169.jpg
帳場まわりも見事なしつらえ。
今で言うと高級ホテルのフロントというところでしょうか。


f0155048_10484565.jpg
帳場後の格子窓からは、先ほどの赤壁が見えています。


f0155048_10485268.jpg
神棚と、二階へ上がる箱階段。
この階段は従業員専用。お給仕のためのショートカットですね。
お客様は別の階段を使うようになっています。


f0155048_10485615.jpg
たくさんの刀掛け。
このくらい多くの人数が一度に宴会したのでしょうね。


f0155048_10485948.jpg
行灯の明かりが照らすお部屋は何とも優美。


f0155048_10511864.jpg
中庭が見えています。
あれ?と思われた方は正解。


f0155048_10561657.jpg
普通は角のところに柱ですよね。
わざわざその柱を建てずにお庭を広く見せているのですね。


f0155048_10551763.jpg
たしかに、柱一本ないだけで、広がりが違います。


f0155048_10515991.jpg
このお庭もみごとなもの。
今は緑ですが、四季折々の草木が植わっています。


f0155048_10523685.jpg
アングルを変えて。
さすが一流料亭でもあった揚屋さんです。


f0155048_10544715.jpg
赤壁のお部屋。網代の間と言われます。
金の襖に、網代編みの天井。見事なしつらえです。


f0155048_10572413.jpg
さぁ、松の間へ。
四十三畳という広大なお座敷。


f0155048_10573940.jpg
見事な金襖の孔雀に目を奪われます。


f0155048_1058133.jpg
遊龍の松が見えます。


f0155048_1102136.jpg
江戸期のものは枯れてしまい、今のものは実は一本の松ではありません。
でも、見事な枝ぶりが再現されていると思います。


f0155048_1103972.jpg
遊仙橋の見えるこの光景は角屋庭園七景のひとつ。


f0155048_1105555.jpg
橋の向こうは亭(ちん)。
酔っ払った人がよいざましをする空間だったそうな、とのご説明でした。


f0155048_111661.jpg
遊龍の松がガラスに映る様子も見事。
こちらも輪違屋と同様、庇に柱を用いない建築法です。


f0155048_1151934.jpg
お座敷に座って、いろいろな角度からお庭をたのしみます。


f0155048_1154090.jpg
奥に見えるのは曲木亭。
奥には茶室があります。


f0155048_1154990.jpg
遊龍の松を鏡面となったガラスで遊んでみました(^-^)


f0155048_1162653.jpg
初代の松は大正時代の末頃に枯れてしまったのだそうです。
新選組の見た松と同じものではありませんが、二代目はその雰囲気を感じさせてくれる見事さです。


f0155048_1163589.jpg
さぁ、そろそろお暇。
松の間から網代の間へ続く廊下。
この廊下の雰囲気が素晴らしくてしばらく眺めてしまいました。
まさに夢の世界へのトンネルですね。


f0155048_10563560.jpg
お客様玄関から・・・は出られません(笑)
見えている二本の木は槐(えんじゅ)。立身出世の縁起木だそうです。


f0155048_10562898.jpg
見学の最後は、再び大台所を通って。

見事な揚屋建築。角屋さんのお部屋とお庭を心ゆくまで堪能しました。
by kwc_photo | 2014-09-15 12:27 | 京都(Kyoto) | Trackback(2)
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/22928150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Deep Season  at 2014-09-15 13:13
タイトル : 島原 角屋
 華やぎ  江戸時代の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構  「揚屋」とは、お客様に遊宴してもらうところ  島原では太夫や芸妓を派遣する「置屋」と分業制をとっていた  中戸口から風格が漂う  揚屋は江戸時代、民間最大の宴会場だったので大きな台所もある  けっして遊郭ではないのです  奥に見えてくる坪庭に  ワクワクしてきた  網代の間、格子から差しこむ光が美しい  振り向けば坪庭が浮かぶ  雨が打ち水した庭に ...... more
Tracked from ぴんぼけふぉとぶろぐ2 at 2014-09-15 23:34
タイトル : 京の夏の旅 島原 角屋へ(文化財特別公開)
 輪違屋から次は角屋へ。旧花街、島原開設当初から残る揚屋。入り口は・・・特別公開のための受付が設置されているのでなんですが。くくると小さな玄関?庭のようなところへ。タイミング的に広く撮れなかったんですが二本のりっぱな木が両側にあっていい雰囲気でした。ここは台所でしょうか。このカマで御飯たくと美味しいはず。刀がおけるタンスや箱階段。これは時代劇でたまにみますね。移動して。坪庭があります。ここで気になるのが柱の位置。左端にありますがバランス的には真ん中の辺りだと思いますが三枚目の写真の左右側を観ると庭が見...... more
    
<< 八朔相撲・赤ちゃん土俵入り(泣... 花の寺・恵心院 >>