風鈴まつり(おふさ観音)
          
f0155048_2126369.jpg
奈良・おふさ観音さんでは、7月・8月の二ヶ月にわたって風鈴まつりが開かれています。

ギリギリでしたが、涼やかな風鈴の音、楽しんできました(^-^)






f0155048_2127950.jpg
珍しく?門の上に金の鯱が乗っているおふさ観音さんに到着。


f0155048_21265019.jpg
清々しい夏空が戻りました。
風にそよぐ風鈴がいい音を立ててくれます。


f0155048_2128030.jpg
境内にはたくさんのバラの花が育てられています。
秋のバラが10月頃には咲き乱れますね。すでに結構咲いていていい感じ~。


f0155048_21292825.jpg
エントランスだけでもかなりの風鈴の数!
風が吹くたびにチリリン、チリリン♪


f0155048_21293475.jpg
よく見ると、色とりどりなんですね。


f0155048_21303419.jpg
お堂前のこの空間が一番たくさん風鈴が飾られていました。
よく見ると・・・南部鉄器製のものや陶器製のものも。


f0155048_21331560.jpg
こんなスイカお化けの風鈴も(笑)
そういえばハロウィンの季節も近いですね(^-^)


f0155048_21341816.jpg
それにしてもいい青空。
このところすっきりしない日々が続いていましたから、夏空が嬉しいですね。


f0155048_21342686.jpg
きれいな赤いバラ。


f0155048_21343083.jpg
オレンジがかったバラも夏にピッタリですね。


f0155048_21365594.jpg
さぁ、本堂の奥へ。
風鈴が誘ってくれます。


f0155048_21365853.jpg
ひまわり内蔵型(笑)
夏らしい、いいデザインですね。


f0155048_213735.jpg
松の木にもたくさんの風鈴がかかっていました。


f0155048_2138232.jpg
涼やかな音色が暑さを和らげてくれます。


f0155048_2139723.jpg



f0155048_21391692.jpg
見上げると、シャボン玉みたいな風鈴たち(^-^)


f0155048_21413767.jpg
円空庭はすっかり夏の庭でした。


f0155048_21424095.jpg
さて、再び本堂前を通り・・・


f0155048_21433055.jpg
そろそろおいとましましょうか。
夏空が眩しいです。


f0155048_21445338.jpg
ふと足元に目をやると・・・
可愛らしい風鈴たちの影。
プリティな影絵ですね(^-^)


f0155048_21472896.jpg
鐘楼堂から見下ろしてみました。
この境内がバラの香りに包まれる姿も見てみたくなりました。


f0155048_21464965.jpg
チリリンリン。
夏の終わりに、素敵な風鈴の音色に包まれることができた、おふさ観音でした。



by kwc_photo | 2014-09-01 22:37 | 奈良(Nara) | Trackback(2)
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/22846919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 彩の気まぐれ写真 at 2014-09-02 10:17
タイトル : おふさ観音の風鈴まつり
7月28日   大和の夏の風物詩「おふさ観音の風鈴まつり」がはじまっています。 7/1~8/31の期間中、境内では2500個もの日本各地の風鈴が吊るされています。 これだけの風鈴を一度に見られるのは他にありませんね。 訪れた日は風に爽やかな音色で「ちりんちりん」と涼しげでした。 風鈴を飾る風習は 鐘の音が魔を払い 厄を払うという仏教思想から来ているそうです。 本堂前には沢山の風鈴が飾られています。 涼しげな絵柄のぎやまん風鈴です。 こちらも同じ会津...... more
Tracked from 雲母(KIRA)の舟に乗って at 2014-09-06 08:58
タイトル : おふさ観音 風鈴まつり
ちりん ちり~ん♪ 2000個の風鈴が、古都の長閑なお寺さんで鳴っていた。 奈良の空気はのんびりとしている。 「花まんだらのお寺」と呼ばれる橿原のおふさ観音を訪れた。 江戸時代、土地の娘おふささんが、観音様を奉り始めたのがお寺の由来らしい。 境内では、2300 種のバラをはじめ、四季折々の花が楽しめる。 夏の今は、風鈴まつりを開催中。 なんだか無性に、かき氷が食べたくなってきた。 風鈴のトンネルを潜り抜け、 向かった先には、回遊式の「円空庭」と...... more
    
<< ハス咲く三室戸寺 明かりの下で(上七軒・勝奈さん) >>