八朔(祇園甲部・その1)
          
f0155048_0123652.jpg
祇園甲部の八朔は、黒紋付の正装。

年に一度しか着用しない、絽の黒紋付。大変貴重なお姿です。







f0155048_0124096.jpg
小田本さんの皆さんが現れました。
芸妓さんも舞妓さんも、黒紋付の正装。
舞妓さんのすすきの簪が本当に綺麗なんです。
べっ甲の簪も豪華ですね。


f0155048_0125225.jpg
2・2・2のフォーメーション。
年長の芸妓さんから順番に並んで歩かれます。
舞妓さんの襟足、正装時は「三本足」なんですよ。


f0155048_0131641.jpg
知余子さんです。
日本画から抜け出てきたような美形さんです。


f0155048_013208.jpg
松八重さんにて。


f0155048_0132749.jpg
芸妓さん、とてもエレガントに出てこられました。さすがです。


f0155048_0133878.jpg
後ろは西村の亜矢子さんでした。


f0155048_0134694.jpg
おふくを結う舞妓さんは、正装時には「奴島田」を結われます。
この髪型も素敵ですね。


f0155048_0135226.jpg
山加代さんにて。


f0155048_014332.jpg
祇園町を芸舞妓さんが揃って歩かれる様子は、本当に絵になります。


f0155048_0141883.jpg
静かな祇園町・・・に見えますが、奇跡的に前後に人が映らなかっただけ(笑)
この日はすごい人出でした。


f0155048_0145236.jpg
再び亜矢子さん。
立ち姿が美しい彼女。花灯路の舞も本当に美しかったです。


f0155048_0145553.jpg
芸妓さんの黒紋付は、波がデザインされています。
蒸し暑い日でしたが、涼やかに見えますね。


f0155048_015021.jpg
正装時のだらりの帯は金色。
これまた豪華なんです。
三本足の襟足と奴島田の髪型、真後ろからだとよくわかりますね。


f0155048_0151827.jpg
こちらも奇跡的に広角でギャラリーが映り込まなかったカットでした(^-^)。


f0155048_016249.jpg
枡梅さんから出てこられたのは豆六さん。


f0155048_0163068.jpg
この方も何とも和の魅力。
舞妓さんらしい舞妓さんです。


f0155048_0163878.jpg
笑顔がいいですね(^-^)


f0155048_0171765.jpg
大恒さん前では多麻さん、福嶋さんの舞妓さんが挨拶をされていました。


f0155048_0173146.jpg
まめ藤・まめ菊コンビに挟まれた紫乃さん(^-^)。
コンビの特集は後日に(笑)。


f0155048_018337.jpg
となると、今度はこの方。
今年は(見に行けませんでしたが)花傘巡行後の奉納舞踊「すずめ踊り」で主役を務められた章乃さん。
立ち振舞にも自信がみなぎっています。
後は妹の清乃さん。


f0155048_0181718.jpg
さらに遅れて出てきたのが、紫乃さんです。


f0155048_019339.jpg
にこやかに次の挨拶へ。


f0155048_019161.jpg
章乃さん、年内の襟替えが決まっているのだそうで。
舞妓姿最後の八朔ですね。お会いできてよかった(^-^)。


f0155048_0193382.jpg
町家の前に並ぶ舞妓さん二人。
これぞ京都、な雰囲気が漂います。

その2、は、この続きをお届けします。その後は特集予定(^-^)。
by kwc_photo | 2014-08-06 23:59 | 京都(Kyoto)
    
<< 花菖蒲咲く池(しょうざん) 智積院・さつき >>