三千院・雪景色(奥の院編)
          
三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18435272.jpg
さぁ、やってまいりました。
三千院雪景色三部作の完結です。

白い世界に包まれた境内をどうぞ(^-^)

前編 三千院・雪景色(聚碧園編)はこちら。

中編 三千院・雪景色(有清園編)はこちら。

(※12月28日撮影)





三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_184436.jpg
有清園から奥の院へ向かう入り口では、雪南天。
赤い実が白い雪の中で輝いていました。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18442126.jpg
階段を上がっていきます。
見上げる木々も綺麗に白いコーティングが。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18444323.jpg
石碑のところもこんな感じ。
ボッテリ雪がつくのではなく、本当に一本一本に綺麗にコーティングされた枝。
素晴らしく繊細なラインが綺麗。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18451480.jpg
石段をあがると、観音堂の朱色が埋もれるくらい、白い世界が広がっていました。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18454394.jpg
凍てついているかとおもいきや、冷たい水が流れていた手水鉢。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18463211.jpg
ウメモドキがたわわに実をつけています。
南天とはまた違う美しさ。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18463568.jpg
わ、青空が見え始めましたよ。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18464325.jpg
この青空を入れて、再び観音堂を撮ってみました。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18465170.jpg
ウメモドキ越しに観音堂を。
ウメモドキ、右の木は白い実をつけているのですが、雪の色に隠れていますね。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18473055.jpg
春には美しい枝垂れ桜。
今日は雪の華ですね。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_1848126.jpg



三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18485211.jpg
青空が出ているので焦ります(笑)
早く動かないと、どんどん解けていきますからね~。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_1849020.jpg
最後にもう一度観音堂を振り返って。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_185076.jpg
金色不動堂のガラスには、見事に雪景色が写り込んでいましたよ。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18505228.jpg
奥はどうしようかと思ったのですが・・・来てみてよかった。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_1851779.jpg
朱橋が雪景色の中に色を添えています。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_1852156.jpg
見事。
モノクロの世界に一筋のカラー。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18522635.jpg
絵になります。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18525830.jpg
さぁ、名残惜しいですが、この雪景色を後ろに見ながら、出口へ急ぎます。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_18534116.jpg
踏み石は綺麗に掃いてくれています。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_1853521.jpg
振り返ればこんな感じ。
水路沿いの葉っぱも、綺麗に雪コーティングですね。


三千院・雪景色(奥の院編)_f0155048_1854547.jpg
最後に三千院入口方面を。
また強く雪が降ってきましたよ。

今シーズン初の雪撮影、たっぷり楽しめた大原三千院でした。
by kwc_photo | 2014-01-18 19:31 | 京都(Kyoto) | Trackback(1)
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/21293514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2014-01-20 06:46
タイトル : 三千院
雪の三千院へ 受付を済ませると、最初に見えてくるのがこの坪庭。 そして広がるのは雪化粧した聚碧園。 雪が多すぎると庭園の形もわからなくなるため これくらいの雪の量がいい感じ。 少し角度を変えてみてみると更にいい感じでした(^^) 静寂さが広がる風景をより一層美しく感じさせてくれました。 そして有清園の雪景色が広がりました。 静寂の境内では広がる風景を十分に堪能する事が出来ます。 そして毎回足を止めるのがこの場所。 雪を纏ったわらべ地蔵たちが ...... more
    
<< 秋景色・赤山禅院 直指庵・晩秋 >>