雪景の蓮華寺にて
          
f0155048_23235546.jpg
大原へ向かう途中、ここは外せませんでした。
思った通り、人はほとんどおらず、見事な雪景色を堪能できました。

(※1月4日撮影)




f0155048_2324540.jpg
花園橋を渡ったら、とたんに雪景色。
これは!と蓮華寺門前で車を停めると・・・
OH!見事な門。こりゃぁ入らずにはいられませんね。


f0155048_2324365.jpg
これは期待できるなぁ。


f0155048_23245613.jpg
このエントランスも、良い感じ。


f0155048_2325850.jpg
お地蔵様たちも雪見をしているようでした(^-^)。


f0155048_23253316.jpg
振り返ってみても一面雪コーティングの枝々。
これはきっと、あの額縁風景は・・・。ワクワクしながら中へ。

f0155048_23272684.jpg
す、素晴らしい・・・。
つもりすぎることもなく、本当に繊細な枝がくっきりと見える、見事な雪景色。
この額縁風景はたまりませんね。


f0155048_23274220.jpg
キンと冷えたお部屋の中で撮影開始。
この雪景色はプレミアムものですね。


f0155048_2328530.jpg
池に映り込む様子もいいですね。


f0155048_23281022.jpg
おや、また雪が降り始めました。


f0155048_23283942.jpg
手水鉢のところも、程よい雪化粧。


f0155048_23284258.jpg
マンリョウは雪に埋もれ気味。
でも、白い雪の中に赤い実の色は貴重。


f0155048_23284668.jpg
鏡面のような池。
そこへ降り注ぐ雪。
静かな境内です。


f0155048_23285490.jpg
音もなく降る雪を見ながら、このお庭を愛でる贅沢。


f0155048_23294622.jpg



f0155048_2330580.jpg



f0155048_233050100.jpg
まさに水墨画の世界です。


f0155048_233148100.jpg
あ、光がさしはじめました。


f0155048_23322534.jpg
輝き始めるシャクナゲの葉。


f0155048_23323543.jpg
光が入ると、雪でコーティングされた枝もきらめきます。


f0155048_23332750.jpg
ずっと眺めていたい景色ですが・・・


f0155048_23334727.jpg
この暖かな光は・・・
キケンです。京都の雪は幻。
一瞬にして解け始めます。


f0155048_23341841.jpg
最後にもう一度、輝く雪景色を額縁風景で眺めて・・・


f0155048_23343474.jpg
蓮華寺を後にすることにしました。


f0155048_23351375.jpg
お見送りはこのマンリョウさん。
可愛い綿帽子ですね(^-^)。


f0155048_23244538.jpg
青空が広がりました。
ほら、枝の雪が解け始めます。

というわけで、慌てて大原に向かったのでした(笑)
by kwc_photo | 2013-01-10 23:56 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/18336512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 晩秋絶景(直指庵・後編) 黄金の銀杏(西本願寺) >>