幻の朝(大台ヶ原)
          
幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_2159869.jpg
自然が贈ってくれた、一瞬のプレゼント。まさに「幻」でした。



幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_2159385.jpg
 AM5:55。
霧で真っ白な朝。
西には大きな満月が朧月状態。
隣近所のカメラマンさんは「駄目だ、今日は・・・」とあきらめムード。



幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_21594468.jpg
 AM6:02。
今日の日の出は6:08のはず。風がふいて、霧が晴れた瞬間、少し焼けた雲が見えました。




幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_21595113.jpg
 AM6:03。
あれ、あれれ・・・これはひょっとして、ひょっとしますか!
カメラマン、全員無言で固唾を呑んで見守ります。




幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_21595842.jpg
 AM6:04。
う、美しい・・・。
突然目前にひらけた神々しい世界。
ほんのり焼けたうろこ雲、迫り来る雲海。
このシーンだけでもかなり満足だったのですが・・・。



幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_2201960.jpg
 AM6:06。
真っ赤に焼けた雲が、荒涼とした正木ヶ原の景色を包みます。

ちなみに、トップの写真はAM6:05。



幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_220449.jpg
 AM6:06。
頭の上まで朝焼け雲が・・・。見事です。




幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_2252881.jpg
 AM6:10。
西の空まで赤く染まったので、後ろを向きました。
濃いグラデーションの空に酔いしれます。雲海も綺麗。



幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_2254895.jpg
 AM6:11。
ゴヨウツツジが真っ赤に色づいています。
なんともいえない、山の上での朝焼け。


幻の朝(大台ヶ原)_f0155048_2255590.jpg
 AM6:12。
雲海がすぐそこまで。
こんな景色がずっと見ていられたら・・・。


・・・と贅沢を願ったとたん、辺りは真っ白、真っ暗に逆戻り。太陽はどこ?という状態に(^^;

焼けた空は、ほんの8分間の幻のショーでした。贅沢な8分間だったなぁ。






<使用機材>
【Pentax K-7 & DA16-45 F4ED AL】
【Pentax K-7 & DA★50-135 F2.8ED [IF]SDM】


(※10月23日撮影)
by kwc_photo | 2010-10-26 22:29 | 大台ヶ原(Mt.Odaigahara) | Trackback
トラックバックURL : https://kwcphoto.exblog.jp/tb/14864864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    
<< 霧中で夢中(大台ヶ原) コスモス畑と秋空(大原) >>