落ち葉の頃(宇治・興聖寺)
          
一面の鮮やかな赤。落ち葉の積もる秋の終わり。
f0155048_072019.jpg
【Pentax K20D & DA16-45 F/4】



苔むした切り株にも降り積もる落ち葉。
f0155048_0101671.jpg
【Pentax K20D & DA50-135 F/2.8】




最後の色づき。もうすぐオレンジ色のまま散るのだろう。
f0155048_09455.jpg
【Pentax K20D & FA31 F/1.8 Limited




木漏れ日が落ち葉の絨毯に映る、得も言われぬ素晴らしい光景。
一人眺める贅沢。静かな時間が流れる。
f0155048_092188.jpg
【Pentax K20D & DA16-45 F/4】



竹藪にも、大きなカエデから落ちた鮮やかな色の落ち葉が敷き詰められる。
f0155048_0103126.jpg
【Pentax K20D & FA31 F/1.8 Limited



山吹の葉も黄色く。真っ赤な落ち葉の絨毯をバックに、浮かび上がるような色合い。
f0155048_0104852.jpg
【Pentax K20D & DA50-135 F/2.8】




門より、最後の紅葉風景を眺める。
ここ、興聖寺にも、お掃除部隊が出動。
f0155048_093414.jpg
【Pentax K20D & FA31 F/1.8 Limited




熊手で落ち葉をかき集める。
かき集める傍から、風に舞う落ち葉。
f0155048_0112849.jpg
【Pentax K20D & DA50-135 F/2.8】



宇治の鮮やかなモミジたちにも、「ありがとう」。
f0155048_0114275.jpg
【Pentax K20D & DFA50 F/2.8 Macro】
by kwc_photo | 2008-12-12 23:02 | 宇治(Uji) | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/9889448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamaya-m at 2008-12-13 09:11
katsuさんの写真はいつ見ても丁寧に撮っておられますね~!
Commented by  花遍路(1000-kaze) at 2008-12-13 13:54 x
あらら・・・
12日は、縣神社に居ましたよ!
結婚式のボラカメしてました。
来れば良かったのに、素敵な花嫁花婿が見られたんですよ(^^)
Commented by Katsu at 2008-12-13 16:49 x
>yamaya-mさん
ありがとうございます。でも645で撮影していた時のことを考えると
随分適当に露出を定めているように思います(^^;
精進します!

>花遍路さん
12日は仕事でした(^-^)。撮りためた写真をアップしているので、
平日もアップを続けてるんですよ(笑)。
さすがにこんなに毎日休んで写真撮ってるとしたら、仕事を失いますw

縣神社の花嫁さん、キレイだったでしょうね。
また写真みせてくださーい!
Commented by rauke-2 at 2008-12-14 05:07
katsuさん、おはようございます。
ずいぶん更新されてますねー!
ご無沙汰してすいません(^^;
逆登ってじっくり拝見させていただきました。
良い画多すぎてどれがどうのこうのって言うのもアレかなぁ・・・なんて思いながら。
一箇所ずつピックアップしてフォトブックつくりたくなりますね(^^)

先日墓参りで京都入りしました。
ウチの墓近くの智積院界隈もほとんど紅葉が終わり、今熊野商店街の銀杏が散り散りになっていましたよ。
コロッケ頬ばりながらそんな銀杏を眺めていました(^^)
Commented by Katsu at 2008-12-14 22:16 x
raukeさん、こんばんは~。
ついに京都の紅葉は完全終了・・・と思いきや、今日もまだ宇治はちょっと残ってました(笑)。
満喫しすぎですね~。ワタシのブログは完全マンネリ紅葉まみれです(^^;

実はフォトブック、今年の秋の写真で作ってみました。
こないだ七五三写真を撮ったときのオマケで、16ページ無料で
作らせてもらえるクーポンをもらったのですが、11月27日が
使用期限だったので・・・
まぁまぁおもしろいものが出来ますね。次にお金出して作る機会があれば
真剣に写真を選んでみようと思います。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都・秋のフィナーレ 秋の終わりに(光明寺) >>