嵯峨野巡りの朝
          
嵯峨野の朝を歩く。
普段は何気なく通り過ぎる竹藪も、この季節はまるで西陣織のような美しさ。
f0155048_23305892.jpg

【Pentax K20D & DA50-135 F/2.8】


落柿舎に朝日がそそぐ。日本昔話のような原風景がここに。
f0155048_23311119.jpg

【Pentax K20D & DA50-135 F/2.8】


亀山公園の展望台より、嵐山を望む。
朝日の斜光線が森の彩りを際だたせてくれる。
f0155048_23312561.jpg

【Pentax K20D & FA31 F/1.8 Limited


お寺の参道、ではなく、嵯峨有心堂へ向かう道。
何とも言えない風情に思わずシャッターを切る。
f0155048_23342631.jpg

【Pentax K20D & DA16-45 F/4】



宝厳院の入り口。茅葺きと色づきすすむカエデが日本の秋を表現。
f0155048_22292837.jpg

【Pentax K20D & DA50-135 F/2.8】



大きなカエデの木を見上げる。
カエデを通過した朝の光が、柔らかな暖かみのある輝きで降り注ぐ。
そんな嵯峨野巡りの朝をすごす贅沢。
f0155048_2336466.jpg

【Pentax K20D & DA16-45 F/4】
by kwc_photo | 2008-11-28 23:06 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/9778200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rauke-2 at 2008-11-29 04:52
katsuさん、おはようございます。
今日のキャプションは心に沁みますね。
1枚目の竹藪を西陣織に例えられるとは素晴らしい。
嵐山朝日の斜光線はこう撮れるのですね!
この明暗差再現も上手いなぁ。とても綺麗です。
最後のカエデは露出加減がバッチリ!!
僕の昨日はこの加減が難しくてウンウン唸っていました・・・orz
Commented by Katsu at 2008-11-29 12:35 x
おはようございます。
ホント、精細なモミジの錦模様と竹の剛胆さで、かなり見とれるほどの竹藪で、朝の光でステキに浮かび上がる色でした。

嵯峨野は毎年撮りに出かけますが、飽きない被写体がいっぱいです。
京都もまだまだワタシの知らない魅力がいっぱいなのだなぁ、と、来る度
に思いますね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 直指庵にて佇む 羅漢様の秋宴(愛宕念仏寺) >>