襟替え(祇園甲部 実佳子さん)
          
f0155048_23233397.jpg
実佳子さん、おめでとうございます。
めでたく襟替えをされて、芸妓さんとしての門出の日。
晴れやかなお姿、そして晴れやかな笑顔の実佳子さん、お届けします。





f0155048_23261661.jpg
私が祇園町にたどり着いたのはお茶屋さんを出てしばらくした後でした(^^ゞ
歌舞練場にご挨拶して出てこられたところに合流。
晴れやかな笑顔の実佳子さん、おめでとうございます。


f0155048_23263139.jpg
まっさらの髷も似合ってらっしゃいます。
芸妓さんとしての黒紋付姿も艶やか。


f0155048_23263928.jpg
美しい一瞬。
舞妓さんの頃からの美しさは、更に昇華されて・・・ため息がでますね。


f0155048_2326496.jpg
そして、やっぱりお茶目な実佳子さんもちゃんとおられます(^^)


f0155048_23265266.jpg
黒紋付の柄は宝船でしょうか。
並に浮かぶ船、とてもきれいな柄です。


f0155048_2327053.jpg
やなぎさんにて。


f0155048_23271084.jpg
少しポーズしてくれました。
エレガントなスマイル。芸妓さんの風格がもう既に。


f0155048_23272140.jpg
よろしゅうおたのもうします~
とても元気な明るい声で挨拶が響きます。


f0155048_2327287.jpg
多け田さんにて。
このモミジももうすぐ紅葉します(笑)


f0155048_2327408.jpg
お化粧も芸妓さんのそれに変わりましたね。
キリリとした目元は舞妓さんのときとは異なる印象。


f0155048_23275472.jpg
細道から。
ふわっと笑みが浮かびました。


f0155048_2328312.jpg
泉政さんにて。


f0155048_23282133.jpg
大きな美しい瞳は変わることなく将来を見つめています。


f0155048_23282323.jpg
美しいエントランスの桝梅さんにて。


f0155048_23292563.jpg
所作も一段とエレガントに。



f0155048_2330012.jpg
黒紋付、そして芸妓さんの髷。
ホントによくお似合いですよ。


f0155048_23313754.jpg
吉うたさんにもご挨拶。


f0155048_2331045.jpg
信号待ちにて。
笑顔が素敵。


f0155048_23311853.jpg
真顔も素敵。
思わず見とれてしまいます。(なんぞの歌詞ですね(笑))


f0155048_23315194.jpg
こんなシーンも。
テレビ撮影があった紗月さんと茉利佳さんが、お店先に出てこられました。


f0155048_2333034.jpg
茉利佳さんが後ろから見つめる中、記念撮影。


f0155048_23331779.jpg
ねえさん、おめでとうさんどす~。
茉利佳さんも笑顔でご挨拶。いつか茉利佳さんもこんな日が来ますね~。


f0155048_23332346.jpg
せっかくなんで、ということで一緒に記念撮影、というシーンもありました。
紗月さんと実佳子さん、若手芸妓で祇園一、二の人気をあらそうお二人の夢の共演でした。


f0155048_23334352.jpg
あいさつ回りが続きます。


f0155048_2334430.jpg
暖簾が絵になる富美代さんへ。


f0155048_23341273.jpg
笑顔で出てこられました~。


f0155048_23343258.jpg
思えば雨が降りそうなお天気だったので、男衆さんも傘を持っておられます。
でも晴れ女の実佳子さん、ばっちり雨は降りませんでしたね(^^)


f0155048_23343899.jpg
石畳を歩きます。


f0155048_23345286.jpg
祇園町の道に、絵になるお二人。


f0155048_2335047.jpg
神々しいまでの美しさを感じた一枚。


f0155048_23351834.jpg
辰巳神社でも少し記念撮影。



f0155048_23354045.jpg
笑顔が弾けます。


f0155048_23361772.jpg
巽橋を渡ります。


f0155048_23355328.jpg
やっぱり大きな瞳。
吸い込まれそうです。


f0155048_2337848.jpg
おつかれさんどした~。
笑顔でお茶屋さんへお戻りになられた実佳子さん。


f0155048_23373446.jpg
きっとこれからも大人気の芸妓さん間違いなしです。

芸妓・実佳子さんのますますのご活躍をお祈りいたします(^^)
by kwc_photo | 2017-10-31 06:31 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/28338488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆず at 2017-10-31 06:59 x
実佳子ちゃんすっかり見違えましたね!

亜矢子ちゃんと彰子ちゃんが引いていたことにもびっくりです。
Commented by 公家の姫君 at 2017-10-31 12:08 x
言葉がないです…

これぞ究極の【美】ですね。
実佳子さん姉(姐)さんの益々のご発展、ご活躍に
期待せずにはいられませんね(笑)
Commented by kaze_art at 2017-10-31 13:37
こんにちは。
今年は舞妓さんを見に出かけていませんが冨美代さん前はやはり絵になりますね。
こちらのインスタグラムを拝見して、いいなと思いました。
Commented by kwc_photo at 2017-11-02 20:27
>ゆずさん
舞妓さんの印象が鮮烈なので、芸妓さん姿はまだまだ新鮮ですが、
きっと大人気芸妓さん間違い無しですね(^^)
引かれたお二人は、お幸せになったとのこと。
おめでたいので祝福したいです。
Commented by kwc_photo at 2017-11-02 20:27
>公家の姫君さん
美しさが極まるとはこの事ですね。
先笄姿の時に、ホントにそう思いました。
どの子も先笄から襟替えに向けての期間は、鋭さすら感じる
美しさに変貌していきますが、実佳子さんも見事でした。
出たてさんの頃から知っている子が襟替えすると、何とも
言えない感慨がありますね。
Commented by kwc_photo at 2017-11-02 20:27
>風と雲さん
あ、インスタ見ていただいていますか。ありがとうございます!
実佳子さんの先笄と襟替えは見たい!と思っていたので、
実現できて良かったです。
富美代さんの暖簾はやっぱりカッコイイですね~。
個人的には一力亭より好きです(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 初秋の三千院 初秋の宝泉院 >>