祇園祭2017 前祭山鉾巡行(新町御池編)
          
f0155048_2249014.jpg
前祭山鉾巡行。
さて、長刀鉾の続きと参りましょう。

辻回しも楽しめる新町御池。函谷鉾、月鉾の辻回しもお届けします。




f0155048_22491359.jpg
山一番の占出山がやってきました。


f0155048_2249261.jpg
新町通方面へ角度を変えるときに、四条通では見えなかった胴懸の反対側「天橋立図」が見えました。


f0155048_22494295.jpg
次は孟宗山。


f0155048_22494460.jpg
こちらも新町通りを南下するときに、
平山郁夫画伯の「砂漠らくだ行」の「月」を見ることが出来ましたよ。


f0155048_22495662.jpg
霰天神山がやってきました。


f0155048_22495957.jpg
そう、こちらもさっきは見えなかった上村淳之画伯の「銀鶏図」が見えました。


f0155048_22501542.jpg
さぁ、悠然と姿を表したのは函谷鉾。


f0155048_22503029.jpg
豪華絢爛。ひときわ観衆のボルテージも上がります。


f0155048_22504274.jpg
おや、ここで一休みのようです。


f0155048_22512981.jpg
そう、新町御池では、鉾町に帰る順番に並び替わっていきます。
山が追い抜いていくわけですね。
というわけで、伯牙山が新町通りへ。


f0155048_22515848.jpg
さぁ、函谷鉾、辻回しの準備ができました。
車輪に縄がかかり、車輪を引っ張る方向に竹が敷かれます。


f0155048_2252082.jpg
エイヤラヤー!
音頭取りさんの掛け声とともに綱が曳かれ、滑りを良くするために
竹と車輪の間に桶の水をバシャっ!


f0155048_22522397.jpg
45度回りました。
後ろには鉾が続々とつづいてきていますね。


f0155048_22522678.jpg
さぁ、再び「エイヤラヤー!」


f0155048_22533547.jpg
二度で見事回りました。
嘉多丸さんも誇らしげですね(^^)


f0155048_22542125.jpg
芦刈山がやってきました。
老翁が芦を刈る姿。真松の枝には三日月が光ります。秋の夕暮れを表しています。
故あって夫婦別れてしまったことを悔やみ、難波の浦で芦を刈る老人。
「君なくてあしかりけりと思ふにもいとど難波の浦ぞ住みうき」
謡曲「芦刈」ではそこへ別れた奥さんが現れ、
「あしからじ、よからんとてぞ別れにし、 なにか難波の浦は住み憂き」
と詠み、手を携えて都へ戻るという、ハッピーエンド。
なので、会所で販売されるお守りは「夫婦和合、復縁、縁結び」なんですよ。

f0155048_22542716.jpg
四条傘鉾の棒振り踊りの子たちです。


f0155048_22545576.jpg
棒を合わせてクルリクルリと回しながらすすみます。


f0155048_23145100.jpg
さぁ、ひときわ背の高い月鉾がやってきましたよ。


f0155048_2315315.jpg
月鉾が辻回しの準備をする間に、追い抜きです。
こちらは山伏山。
自分で傘をさしているのはこの山だけですね。
大峯入りをする山伏(浄蔵貴所)の姿を表しています。


f0155048_2315944.jpg
続いて油天神山も追い抜いていきました。
天神様なので、やっぱり梅の花が飾られます。


f0155048_2321962.jpg
つづいて太子山。
ん~、報道さん、ぼーっと立つなら脇に避けてほしい・・・(^_^;)


f0155048_2322757.jpg
さらに木賊山。
謡曲「木賊」が題材。信濃国で木賊を刈る翁が、生き別れになった子を慕って舞を舞うという物語です。


f0155048_23421025.jpg

先程の芦刈山と同じようなポーズですが、こちらは生き別れになった親子の再会の物語。
なので、「迷子除け」のお守りが会所で売られています(^^)


f0155048_2323486.jpg
月鉾の辻回しが始まります。
稚児人形は於兎丸さん。囃子方さんの揃いの鉢巻がピンクでかわいらしいですね。


f0155048_2332982.jpg
荷車を押していたのは小さな男の子3人でした。



f0155048_232509.jpg
さぁ、辻回し!なんですが・・・
おおお、裃姿の役員の方でブロックが・・・


f0155048_2331430.jpg
むむむ、肝心のところが見えない(^_^;)


f0155048_2334529.jpg
というわけで、もうこっちを撮っちゃいましょう(笑)
先程の男の子たち、辻回しの最中にキャッキャしてました(^^)


f0155048_2341923.jpg
さぁ、新町通に向きました。


f0155048_23395627.jpg
音頭取りさんが舞いはじめ、エイヤラヤーと声をかけると・・・



f0155048_2342680.jpg
月鉾も新町通に吸い込まれていきました。

f0155048_2341238.jpg
もちろん月鉾の殿(しんがり)はこの三人。
がんばって荷車を押して巡行に参加していました。

未来の月鉾の担い手さん、よくがんばりましたね~(^^)


次回は新町御池から新町通を南下しつつラストの船鉾までをお届けします。
by kwc_photo | 2017-08-02 06:02 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/28010917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-08-02 06:51
こんな小さいうちから参加しているんですね。
大人になったら、
本物の鉾を、
何て考えているのかな。
Commented by umi_bari at 2017-08-02 09:28
Katsuさん、やっぱり辻回しは大迫力ですね、
バグースです。
いつかは見てみたいものですが、四条通よりも
人出が多いのでしょうね、ハイライトですからね。
Commented by kwc_photo at 2017-08-03 12:12
>j-garden-hirasatoさん
そうなんですよ。お稚児さんなどの役割で巡行に参加している
子どもはいるのは知っていましたが、荷車を押す役割をつとめて
いる子どもたちは初めてみました。
辻回しの最中もそっちばかり気になっちゃいましたよ(笑)
Commented by kwc_photo at 2017-08-03 12:12
>umi_bariさん
四条河原町での辻回しは何度か撮りましたが、新町はまた雰囲気が
違っておもしろいですね。
今年は休みも重なって人でもすごかったですが、来年も新町を
目指そうかな、なんて思います(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 護念院の春景色(當麻寺塔頭) 花盛りの梅宮大社・紫陽花の頃 >>