京都の桜2017 桜と石楠花の実光院
          
f0155048_22262974.jpg
三千院で桜を見た後は実光院。
お花を愛するお寺の実光院さんは、桜はもちろん、春の花でお庭があふれます。

(※4月19日、26日撮影)





f0155048_22273550.jpg
実光院といえば、まずお部屋からのこの光景ですね。
春はシャクナゲの美しいお庭です。


f0155048_2227566.jpg
黄色いヒカゲツツジも満開。


f0155048_2228420.jpg
そして、手水鉢のところにもシャクナゲが満開で出迎えてくれます。


f0155048_22281486.jpg
こちらのお部屋に通されると、まずはお茶とお菓子をいただきます。
このおまんじゅう、私は好きなんですよね~。


f0155048_22283950.jpg
石灯籠とシャクナゲ。
しっとりいい色です。


f0155048_22294056.jpg
池の向こうには八重桜も咲いて、春のお庭の雰囲気。


f0155048_22304452.jpg
ヒカゲツツジ、可愛らしいなぁ。
上品な色なんです。


f0155048_22304882.jpg
赤い鯉が撮ってほしそうにフレームインしてきます(笑)


f0155048_22314474.jpg
さぁ、外庭を歩きましょう。
ヒカゲツツジとシャクナゲの間を通る踏み石。


f0155048_22314729.jpg
シャクナゲもやっぱり日本の品種は色味がしっとり上品ですね。


f0155048_22315629.jpg
薄桃色のベルのような花が無数に。


f0155048_22324164.jpg
そして、足元にはイカリソウ。


f0155048_22324885.jpg
小さな花ですが、春のお庭の彩りです。


f0155048_22333187.jpg
ヒカゲツツジを撮っていると、またもや赤い鯉がフレームイン(笑)


f0155048_22351187.jpg
そして、外庭の池の方へ行くと、まだまだ桜が満開でした。


f0155048_22353655.jpg
傍らには花桃。
青空とも相まって春爛漫の様相。


f0155048_223558100.jpg
桜のしたで。
爽やかな空のもと、嬉しそうに咲いていました。


f0155048_22361959.jpg
仏様を囲むようにシャクナゲが満開に。
今年もよく咲いてくれていますね。


f0155048_22363229.jpg
木通(あけび)の花も満開でした。


f0155048_22363941.jpg
いい香りがすると思ったら沈丁花の花も。
石鹸か香水かというようなふんわりいい香りです。


f0155048_2238187.jpg
馬酔木越しのシャクナゲ越しの新緑の向こうの桜(笑)


f0155048_22384896.jpg
利休梅とシャクナゲの共演。


f0155048_22385921.jpg
ホントに今年のシャクナゲはギュッとたくさん咲いてくれています。
何とも言えないこのピンク色のグラデーションが好きです。


f0155048_22391496.jpg
朱鷺草です。
花びらが短い品種?ちょっとコミカルでした。


f0155048_2241492.jpg
春の花いっぱいだった実光院。
桜も楽しめましたので、「京都の桜」シリーズとして掲載しましたが、
主役はもはやシャクナゲでしたね。


f0155048_22415622.jpg
そう、この時期はもう新緑の頃でした。

律川の末明橋にしだれかかる新緑を楽しみながら、大原を後にしたのでした。
by kwc_photo | 2017-07-21 07:21 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27985543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-07-21 10:12
Katsuさん、実光院さんは、行ったことがないのですが、
春も素晴らしいのですね、花たちがいっぱいなんですね。
青空でバグースです。
Commented by kwc_photo at 2017-07-25 22:20
>umi_bariさん
実光院さん、行かれてないんですね。
三千院に行ったらセット訪問です。ここはお花がいっぱいですよ。
次は秋海棠、そしてホトトギスの時期に訪問予定です。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 祇園祭2017 宵の山鉾鑑賞 祇園祭2017 長刀鉾曳初め >>