祇園祭2017 月鉾車輪取付
          
f0155048_18455252.jpg
月鉾は長刀鉾、函谷鉾よりもゆっくり準備が進んでいました。
ちょうど車輪取付の場面に遭遇しましたので、その様子をお届けします。






f0155048_1848975.jpg
月鉾の法被。こちらは大工方(だいくかた)さんの背中。
かっこいいですね。


f0155048_19115098.jpg
会所奥から車輪が出てきました。


f0155048_19115867.jpg
車方(くるまかた)さんが背中を使って、体重をかけて支えながら運びます。
車輪がすべるよう、法被をしっかり握り、少しずつ転がします。


f0155048_1912241.jpg
ジリジリと角度を変えて、横向きになりました。


f0155048_1912649.jpg
若手が押し役。さすが10トンとも言われる鉾を支える車輪です。
車輪方の人によると、車輪一個で500キロくらいあるんじゃないかと。


f0155048_19121948.jpg
なので、倒れて下敷きになると大変なので、厳重に通行止めをして作業が行われます。


f0155048_19152442.jpg
再び方向転換を終え、車軸に向けて位置調整。
おや、大工方がボトルを持っていますね。サラダ油です。


f0155048_19153086.jpg
車輪がスタンバイを終えると、大きな材木が車軸の下に差し入れられます。


f0155048_19155570.jpg
ググッ!
テコの原理で車軸が持ち上がりました。


f0155048_19155834.jpg
押せ~!!!
更に体重をかけて、車軸をもち上げます。


f0155048_1916263.jpg
持ち上がっている間に、右前の車輪軸下につっかえが入りました。


f0155048_1916525.jpg
ここから、更にテコとなる材木を差し入れます。


f0155048_19161173.jpg
さらに高く持ち上げるんですね。
この状態で、車輪が軸に差し込まれました。


f0155048_1917736.jpg
さぁ、残るは右前の車輪です。


f0155048_19174950.jpg
再び車輪登場。


f0155048_1918856.jpg
なるほど、テコは差し入れたまま。
なので道路側から車輪を入れていくんですね。
今度はこのポイントで方向転換。


f0155048_19184225.jpg
肩の汚れは車方の証。
若手に技法や心意気が受け継がれていっていますね。


f0155048_1919161.jpg
既に車軸は持ち上がっているので、車輪が軸に差し込まれます。
お、ここでサラダ油登場。
なるほど、車軸にはめ込みやすくなるよう、潤滑油の役割なんですね。


f0155048_19192393.jpg
押せー!
掛け声とともに車方さんに力が入ります。


f0155048_19193035.jpg
大工方さんも手伝って。
あと少しが入りにくい。
溝とアスファルトとの少しの傾斜で引っかかるんですかね。


f0155048_19195122.jpg
車方の若者がテコを任されましたが・・・
「違う違う~!もっとこうや!」
車方の大先輩から檄が飛びます。大工方さんも思わず笑う(^-^)


f0155048_19201438.jpg
車輪を差し込む際のテコの使い方はコツがあったようです。
先輩にご指導を仰ぐ若者。こうして技術が伝承されていくんですね。


f0155048_19202799.jpg
さぁ、車輪が入りました。
車輪が外れないように、閂が通され・・・


f0155048_19213176.jpg
さらに閂止めの閂が差し込まれて、しっかり括られます。


f0155048_19213940.jpg
屋根の蟇股の彫刻は左甚五郎作。兎さんも車輪が入って嬉しそう。
こちらは口を開いた兎さん。後ろ側です。


f0155048_19214927.jpg
前の兎は口を閉じています。前後で「阿吽」の兎なんですね。
八坂神社に向かって巡行する際に、威嚇しているように見える口の開いた兎は後ろに回されていると言われます。
屋根裏の花々は、「金地著彩草花図」。円山応挙の筆です。
さすが、動く美術館と言われる祇園祭の山鉾。月鉾も見事ですね。

さぁ、躍動する日がやってきましたね。
今日は巡行、お疲れ様でした。


f0155048_19215898.jpg
懸装品を装着する前に、大工方さんが最後の点検。
こうして、いろいろなお仕事をする役割分担があって、祇園祭が支えられているんですね。
by kwc_photo | 2017-07-17 19:17 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27978063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アラック at 2017-07-18 06:52 x
昨日は有り難うございました。
楽しく撮影出来ました。
いつかは、こう言う組み立ての場面など
見れたらバグースだと思っていますが、
夢の世界です。
Commented by RW at 2017-07-18 06:54 x
猛暑の京都で多くの人出で結構大変だったかとは思いますが、外人さんも多くもう世界的なお祭りですね。小生は祇園祭りはまだ見たことがないのですよ。いや~、本当に猛暑の3連休でしたね。小生は全く外出せずクーラーきいた部屋でマッタリと過ごしておりました~。最近は厳しい暑さの夏はアウトドアしないようにしております。(苦笑)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 奈良の桜2017 談山神社の春 京都の桜2017 常照皇寺の桜たち >>