祇園祭2017 長刀鉾 鉾建て
          
f0155048_21262584.jpg
仕事帰りに、祇園祭の前祭の巡行先頭をゆく長刀鉾の「鉾建て」を見学しました。

(※7月10日撮影)






f0155048_21263330.jpg
10日の夕刻。
鉾の胴体部分となる木組みが既に組み上がっていました。


f0155048_21264162.jpg
足場の上で作業する人と・・・


f0155048_21264348.jpg
下で作業する人。
たくさんの人の手を使って、長刀鉾が組み上げられていきます。
この部分、鉾を立ち上げる際の「てこ」の支点となる部分。


f0155048_21282392.jpg
ご存知でしょうか?鉾を立てる場所はこうやって四角い穴が道路に掘ってあり、礎石が埋め込まれています。
普段は蓋をしてあるんですが、祭りになるとこうやって開けられ、支柱を立てるんですね。


f0155048_2127752.jpg
そして、この木組みは、釘一本使うことなく、すべてはめ込みで組み上げられます。
組まれた木組みを固定するのは荒縄。
毎年新しい縄を使って「縄がらみ」の技法で編み上げられていく様子は芸術的とも言えます。
縄を編むために使われているのが、この赤い鉄の針。


f0155048_21271020.jpg
こうやって、縄のスキマに差し込んで、縫うようにして編まれていきます。


f0155048_21272117.jpg
縄がらみの作業は二人で行います。
裏と表で、縄を渡し合い、締め上げていきます。


f0155048_21273610.jpg
力が入ります。
真剣な眼差し。
この縄の一本一本が総重量10トン以上にもなる鉾を支えるのですから、大切な仕事です。
釘で固定するのではなく、縄で固定することで巡行時の衝撃が「軋み」ながら吸収されます。
ショックアブソーバー的な役割もあるんですね。


f0155048_21274098.jpg
手慣れた様子で縄が引き出され、そして、また突き通されて行きます。


f0155048_21275257.jpg
ググッと力を入れて・・・


f0155048_2128263.jpg
両側から締り具合を確かめます。


f0155048_2128698.jpg
先程の作業で編まれた部分。
芸術的ですね~。


f0155048_21281693.jpg
長い柱が運ばれてきました。
これは四方の柱に取り付けられ、屋根を形作る「梁」ですね。


f0155048_21282065.jpg
こうして出来上がった長刀鉾の土台。
一度寝かされ、先程の梁や真木が取り付けられた後、テコの原理で立ち上げられる事になります。

見えないところまで、そして、解体時には縄は切られてしまうため、
ホントに今年の巡行のためだけにこんなに美しく仕上げられる鉾の土台。
鉾によって、この縄目の模様も少しずつ異なります。それを見るのもまた楽しいですね。

さぁ、鉾が建ち始めると祇園祭もクライマックスに向かって一直線!
盛り上がってきますね~☆
by kwc_photo | 2017-07-12 19:12 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27965814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-07-12 22:06
Katsuさん、しっかりと組み立てられますね、
アラックみたいに、宵山と巡行だけは甘いですね。
祇園祭りの細かい楽しみ方の紹介を有り難うございます。
バグースです。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-13 08:36
鉾、
こうやって組み立てていくのですか。
道路の礎石が埋め込まれているとは驚きです。
Commented by A-HIMEKKO at 2017-07-13 20:54
鉾建てが始まるといよいよですね。
祇園祭りが・・・

赤い針と縄でのお針子作業は、まるで芸術品ですね^^
職人さんたちの心意気が祭りを支えてるんですね。

酷暑ですから、熱中症に留意されてレポしてくださいね♪
Commented by kwc_photo at 2017-07-13 22:04
>umi_bariさん
毎年の光景ながら、やっぱり人の手で組まれていく鉾は
美しいです。飾られた鉾の内側がこんなに美しい、というのも
見どころの一つだと思います。
Commented by kwc_photo at 2017-07-13 22:04
>j-garden-hirasatoさん
そうなんですよ。ホントに組み立てるという感じで、全て
パーツの状態で保存されています。どれがどの位置のパーツ
なのか、わかるように方角と位置の記号が木材に書かれている
んですよ。
礎石はビックリですよね。各鉾町の場所には必ずあります。
普段はアスファルトの道路に突然蓋があるんで、なんだろう?
って感じのものですね。祇園祭じゃない時に訪れたら、そっと
尋ねてみてください(^^)
Commented by kwc_photo at 2017-07-13 22:05
>A-HIMEKKOさん
鉾建ての雰囲気が出てくると、一気に祇園祭ムードに突入ですね。
ホントにテキパキと縄を使って鉾を組み上げて行かれます。
技術が伝承されているんだなぁと感じますね。

梅雨はもう明けたのか??という暑さですが、巡行も頑張ります!
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 藤棚の美(鳥羽水環境保全センター) 京都の桜2017 京北・宝泉寺... >>