花の宴・花笠(祇園甲部 紗月さん、佳つ江さん)
          
f0155048_15361054.jpg
今年は歌舞練場の耐震改修工事のため、京都造形芸術大学の春秋座で行われた都をどり。
その都をどりと平行して、歌舞練場の一角を使った「花の宴」が開催されました。
毎日芸舞妓さんが2名ずつ、舞を披露してくださいます。

紗月さんと佳つ江さんの出番の日に出かけてきました。







f0155048_15294474.jpg
幕が開き、登場したのは芸妓の紗月さんと、舞妓の佳つ江さん。


f0155048_1530249.jpg
最初の曲目は「花笠」です。


f0155048_15301047.jpg
両手に鈴の付いた花笠を持って舞う演目。
春にピッタリですね。


f0155048_15302232.jpg
佳つ江さん、思えばこの日が舞妓姿を見る最後でした。
都をどりの後、襟替えをされて、現在は芸妓さんになっておられます。


f0155048_15302644.jpg
花笠をつかって、たおやかに舞うこの演目。


f0155048_15323269.jpg
とても穏やかな表情の紗月さん。
井上流は能と関わりの深い流派ですので、表情は極力出さず、眼差しだけで表現します。


f0155048_15324965.jpg
佳つ江さん、姿勢も所作もバッチリキマっています。


f0155048_1533691.jpg
表情もキリリ。


f0155048_1535688.jpg
華やかな中にもピリッと一本筋が通った雰囲気がありますね。


f0155048_15353615.jpg
パッと開いた花のよう。


f0155048_15354697.jpg
そしてここからが花笠の見せ場。


f0155048_15355122.jpg
片足で立ってトントン・・・


f0155048_15361626.jpg
そして、上下の花笠の間から魅せる表情は美しい流し目。


f0155048_15404521.jpg
グッと反り返るこのシーンは最大の見せ場です。


f0155048_15381433.jpg
後ろ姿も美しいなぁ。


f0155048_15405431.jpg
舞妓さんは一層反りが強め。
日頃のお稽古の賜物ですね。


f0155048_15365349.jpg
美しいポーズです。


f0155048_15375047.jpg
見とれてしまいますね。


f0155048_1538655.jpg
花笠の舞の世界に引き込まれます。


f0155048_15382894.jpg
間近でこの舞を鑑賞できる機会。
客席と近いんですよ~。

f0155048_15384038.jpg
花の宴、来年もまた開催してほしいなぁ。


f0155048_15385787.jpg
花笠の舞。
お二人の醸す雰囲気に酔いしれさせていただきました。


f0155048_1539460.jpg
最後は深々とお辞儀をして舞は終演。

次回、手ぬぐいを使った舞、「六段くずし」に続きます。
by kwc_photo | 2017-07-13 19:13 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27959781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-07-13 21:42
Katsuさん、舞妓さんの舞いを有り難うございます。
バグースですね。
アラックも、ここなら撮影出来ますね、あ、期間限定でしたね。
Commented by kwc_photo at 2017-07-14 23:24
>umi_bariさん
そうですね。これならバッチリ撮影できますよ。
来年、都をどりを見に来られたら、必ず参加できますよ(笑)
4/1から三週間ありますので、桜の頃にあわせて見に来られたら
京都大満喫できますよ(^-^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の桜2017 八重桜咲く本... 藤棚の美(鳥羽水環境保全センター) >>