京都の桜2017 勝持寺 散り桜
          
f0155048_21593851.jpg
やっと私のブログの桜も散りに入りました(笑)
美しい散り桜光景に出会えたのは西山の古刹、勝持寺でした。

(※4月15日撮影)






f0155048_21595128.jpg
勝持寺さんの駐車場に停めてお寺に向かいます。
幹がねじれたような、古木の桜が満開を迎えていました。


f0155048_2201528.jpg
境内へ入ると、桜吹雪です。
足元は淡雪のような桜の花びらで埋め尽くされていました。


f0155048_2201829.jpg
水路は花びらのラインができていましたよ。


f0155048_2202795.jpg
山吹も美しい頃でした。


f0155048_2203218.jpg
苔庭に散りかかる桜の花びら。


f0155048_2204593.jpg
しだれ桜は満開。
足元の散り桜の花びらとあいまって、上も下も春色です。


f0155048_2211076.jpg



f0155048_2212049.jpg
満開の紅しだれ、圧巻です。


f0155048_2212727.jpg
ここも葉桜間近。
足元は真っ白です。


f0155048_2213349.jpg
こんな感じ。
ちょっと美味しそうじゃないですか?そう感じるのは私だけ?(笑)


f0155048_2214262.jpg
新緑と花びらと。


f0155048_2215081.jpg
境内がこれだけ桜の花びらで彩られていたのは初めてでした。


f0155048_2215865.jpg
パウダーシュガーをふりかけたみたいです。


f0155048_222312.jpg
石垣下を見下ろすと、見事な光景が。


f0155048_2223491.jpg
池から流れでる花筏。


f0155048_222421.jpg
春もそろそろ終わりだなぁと感じられる光景。


f0155048_223358.jpg
そして、池には花びらがびっしり。
春の終わりの見事な散り姿でした。


f0155048_2231380.jpg
鐘楼をバックに、幹から咲くソメイヨシノ。


f0155048_2232832.jpg
鐘楼の額縁にて。
ちょっと木々に咲く花は寂しくなっていましたけどね。


f0155048_2233534.jpg
花筏が浮かぶ池の倒木。
折れながらも新しい葉を芽吹かせる生命力を感じました。


f0155048_2235232.jpg
ふたたび境内へ。
ここはまだ木々の桜も満開。


f0155048_2235937.jpg
足元も踏むのがもったいないくらい美しい。


f0155048_2242166.jpg
春の終わりを感じる勝持寺。


f0155048_224411.jpg
最後は蹲の花びらを愛でて。

まだもう少し桜が続きます(^^ゞ
おっと、もう7月やーん(^_^;)
by kwc_photo | 2017-07-01 07:01 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27924042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-07-01 17:42
Katsuさん、咲いて良し、散って良し。
素晴らしい、花の絨毯に花筏ですね。
さすがに花のお寺、素晴らしいタイミングですね。
完璧な狙いに、お見事バグースです。
京都は、紫陽花の後は桔梗や木槿に酔芙蓉でしょうか。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-02 05:59
散り桜、
これまた風情がありますね。
こういう景色を撮るなら、
やはり、池泉庭です。
Commented by kwc_photo at 2017-07-03 20:28
>umi_bariさん
勝持寺さんの桜、昨年はちょっとタイミングを逃したので
今年は!と思って行ってきましたが、やっぱり散りでした。
でも、これだけ散っていれば、それはそれでいい光景だと
思い直して撮影しましたよ(笑)

あじさいは今年はあまり撮りませんでした。酔芙蓉には
まだまだ早いですね。これからアガパンサスや桔梗、
ユリの時期ですね~。
Commented by kwc_photo at 2017-07-03 20:28
>j-garden-hirasatoさん
散り桜、銀閣寺近くの疎水にすごい花筏が
出来るのが有名なんですが、こちら勝持寺の池も
思いの外きれいでした。池泉庭園は歩けるのが
ありがたいですね。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 半夏生の庭(建仁寺塔頭・両足院) 夏越の大祓(下御霊神社・護王神... >>