平安神宮例大祭翌日祭 舞踊奉納(先斗町 光はなさん、もみ香さん)
          
f0155048_23425181.jpg
やっと記事が先斗町までやってきました。
平安神宮のお祭り、花街三番手は先斗町。
光はなさんともみ香さんによる、「京の四季」をお楽しみください。







f0155048_2343171.jpg
先斗町のお二人が登場。
向かって右が光はなさん、左がもみ香さんです。


f0155048_23432315.jpg
なんともみ香さん、2月にお見世出ししたばかりの初心者マーク。
この時点でまだ2ヶ月とちょっとです。


f0155048_2344128.jpg
光はなさんは3月で丸1年が過ぎ、かんざしのブラが取れました。
襟も少し白い刺繍が多くなって、これだけで少しお姉さんになった感じがしますね。


f0155048_23442058.jpg
舞が始まりました。
もみ香さん、いきなり大舞台ですね~!


f0155048_23443564.jpg
何のなんの、落ち着いたものです。


f0155048_23444170.jpg
扇を使った舞ですが、バタバタすることもなく、正確に舞っていますね。


f0155048_23445548.jpg
基本に忠実。
たった2ヶ月でここまで頑張れるとは立派です。


f0155048_2345115.jpg
かわって、光はなさん。


f0155048_23451531.jpg
さすが、1年違うだけで雰囲気が違います。


f0155048_23452714.jpg
舞の中に、自分なりの表情や表現というものが出せるんですね。


f0155048_2346099.jpg
先斗町はこういう大舞台に新しい子を出して修業させる感じ。
そういえば、昨年はいろいろなところで市結さんとあや葉さんを見ました。
今年はこの二人が頑張るのかな?


f0155048_23461253.jpg
舞妓さんになって2ヶ月とは思えない落ち着いた所作でした。


f0155048_23462613.jpg
光はなさんは、写真では何度か拝見していたのですが、思っていた感じとちょっと違っていて・・・


f0155048_23463751.jpg
なんというか、しっとりとした表現がとてもお上手。
見た写真は出たての頃のものばかりだったので、
そういう意味では1年でここまで成長された、ということでしょうね。


f0155048_23471684.jpg
もみ香さんも、1年経った頃には、きっとステージが一段上がっていることでしょう。


f0155048_2347325.jpg
日々のお稽古、頑張ってくださいね。


f0155048_2348192.jpg
光はなさんは「魅せる」舞。


f0155048_2348648.jpg
色気の表現というのは、この年頃ではなかなか難しいと思うのです。


f0155048_23481531.jpg
それを舞の中で取り入れていく。
なるほど、舞妓さんの女性としての成長のスピードが早いわけです。


f0155048_23484530.jpg
少女から大人へ。
襟の色や髪型、簪で少しずつ大人になっていく演出はありますが、
やはり本質のところは技芸ですね。
あまり頻繁に舞を見る機会はありませんが、時折こうやって見せてもらう姿に
成長を感じられるというのは、素晴らしいものです。


f0155048_23485394.jpg
またどこかで舞を拝見する機会もあるかな。


f0155048_23492822.jpg
次に見るときの姿が楽しみになりますね。


f0155048_23493895.jpg
そんなことを感じながら見せてもらった、先斗町、光はなさん、もみ香さんの舞でした。
by kwc_photo | 2017-05-31 06:13 | 京都(Kyoto) | Trackback
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27848081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    
<< 京都の桜2017 京北町の桜たち 京都の桜2017 井手玉川の桜並木 >>