平安神宮例大祭翌日祭 舞踊奉納(祇園甲部 清乃さん、市晴さん、まめ衣さん)
          
f0155048_018868.jpg
掲載が延び延びになっていますが、4月16日の平安神宮例大祭翌日祭の様子、お次に登場は祇園甲部の皆さんです。
清乃さん、市晴さん、まめ衣さんの三人が二曲舞ってくれました。







f0155048_0182584.jpg
祇園甲部は二人の地方(じかた)さんが生演奏。
幸苑さんです。


f0155048_0182898.jpg
そしてだん佑さん。


f0155048_0184321.jpg
舞妓さん三人も入場して、祇園小唄の始まりです。


f0155048_019435.jpg
聞き慣れたこの曲。
三人がシンクロする部分と・・・


f0155048_020194.jpg
それぞれの動きをするシーンが見どころです。


f0155048_0202725.jpg
袖で表情を隠すシーンもそれぞれですね。


f0155048_0204077.jpg
お決まりの「だ~ら~り~の、帯よ~」のシーン。
パチっとキマると本当に美しい。


f0155048_0232087.jpg
夏は河原の夕涼み~


f0155048_0232772.jpg
二番の「だ~ら~り~の」は一番とは逆。
センターの清乃さんがポーズし、両側の二人がそれを指し示す形。
祇園小唄は引きで三人のフォーメーションを中心に撮影しました。


f0155048_025526.jpg
さて二曲目。春雨です。
まめ衣さん、いい表情です。


f0155048_0251561.jpg
扇を用いた舞。
ピリっとした表情は井上流独特です。


f0155048_0254022.jpg
清乃さん。
すっかりお姉さんになられましたね。


f0155048_0255951.jpg
市晴さんも気がつけばもう年長舞妓さんの仲間に。


f0155048_0263186.jpg
まめ衣さんは2月8日で丸一年を迎えられ、簪のブラが取れ、上紅を挿しました。
とても美しく成長されましたね。


f0155048_026487.jpg
まめ衣さんの正面に座っていたこともあって、見惚れてしまいました。


f0155048_0271545.jpg
しかし、本当に舞が上手です。
姿勢、表情ともに絵になります。


f0155048_0272962.jpg
扇をもってクルリと・・・
帯と袖がふわり。


f0155048_0275772.jpg
清乃さんも初めてみた頃は仕込みさんでした。
現在はもう上から三番目の年長舞妓さんです。


f0155048_0281643.jpg
市晴さん、目元涼やかです。
ちょっとまぶしかったかな(笑)


f0155048_0283498.jpg
やっぱりまめ衣さん特集です。
応天門をバックに堂々たる舞。


f0155048_028422.jpg
袖の隙間にチラリと見える目の表情。


f0155048_0284995.jpg
自信にあふれていますね。
これも毎日のお稽古のたまもの。


f0155048_0291131.jpg
このまま日本画になりそうなくらい、絵になっています。


f0155048_0283023.jpg
良いポーズ、そしていい表情です~。


f0155048_0293967.jpg
気がつけば、ファインダーでまめ衣さんばかり追いかけてました。


f0155048_029591.jpg
ひとつひとつの所作が美しく、そしてキレがあり・・・


f0155048_030948.jpg
見ている観衆を魅了する見事な舞でした。


f0155048_0303826.jpg
スッと伸びる右手の線の美しさ。


f0155048_0304670.jpg
ひとつひとつの振り付けに忠実なうえに、すでに舞の雰囲気を纏っておられるように感じます。


f0155048_03162.jpg
「春雨」は恋の歌。


f0155048_0311423.jpg
「私や鶯、主は梅~♪」


f0155048_0314174.jpg
小鳥でさえも、ねぐらは一つと決めないけれど、私はあなたに決めているの、という意味の歌詞。


f0155048_031507.jpg
年季が明けたら、一緒になろうね、という、憂いや切なさを帯びた端唄です。


f0155048_0321029.jpg
立ち姿の佇まいの良さが光ります。


f0155048_0322579.jpg
表情も素敵。
まだ17歳。すでに色気を表現できるというのはスゴい。


f0155048_0325018.jpg
袖を合わせて・・・


f0155048_0325751.jpg
指折り数える切なさですね。

祇園甲部の皆さんによる、祇園小唄と春雨。
堪能させていただきました。


f0155048_0332830.jpg
お帰り際に。
衣ちゃん、ちゃんと見つけてくれて、素敵なスマイルくれました。
ええ子やなぁ~(^-^)


f0155048_0333423.jpg
清乃さん、市晴さん、まめ衣さん、お疲れ様でした。
by kwc_photo | 2017-05-07 07:05 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27783142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-05-07 12:17
平安神宮さんを背景の奉納舞踏は本当に絵になりますね、お見事バグースです。天気もバッチリ、最後の笑顔も素敵ですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-05-07 14:15
こんな天気のいい時、
舞う方も気持ちがイイでしょう。
でも、
ちょっと眩しそうですね。
Commented by 雪だるま at 2017-05-08 06:01 x
京都らしいイベント
ここのところご無沙汰ばかり
こうして写真で見せて頂くばかりでなく
実際に自分の目で見てみたくなります
Commented by t-masa0925 at 2017-05-08 17:04
1コマ、1コマの写真を拝見しながらコメントを読ませてもらうと、
舞踊の優美さが浮かんできます。
ナイスです!。
Commented by kwc_photo at 2017-05-10 21:27
>umi_bariさん
お天気が悪いよりは良いのに越したことはないのですが、
この日はいい天気過ぎました。というか、昨年もそうだったので、
晴れる行事(天候特異行事?)なのでしょうね(笑)
ラストの笑顔は何ともうれしかったです(^^)
Commented by kwc_photo at 2017-05-10 21:27
>j-garden-hirasatoさん
そうなんです。ほんとにいい天気で、朝から出張っていた
私は真っ黒になりました。舞台が南を向いているので・・・(^^ゞ
市晴さんは特に眩しいのが苦手そうでした(笑)
Commented by kwc_photo at 2017-05-10 21:28
>雪だるまさん
例年、平日の祭事なので行くことができなかったのですが、
昨年、今年は土日だったので良かったです。
四花街の芸舞妓さんが登場する舞台、華やかでしたよ~。
その他、式包丁や舞楽などもありました(^^)
Commented by kwc_photo at 2017-05-10 21:28
>t-masaさん
ありがとうございます。
3人の中で、まめ衣さんが一番よく出会うのと、
真正面だったので、随分枚数的にも差がありますが、
舞もキレイだったのでファインダー覗いたら自然と
彼女にフォーカスしてました(^^)
Commented by 大星由良之助 at 2017-05-15 17:33 x
いつも有難とさんどす。

清乃ちゃんは今秋襟替えの予定どす。
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 奈良の桜2017 牛繋ぎの桜(... 京都の桜2017 上品蓮台寺の春 >>