今宮神社・やすらい祭
          
f0155048_23351031.jpg
昨年はおたふく風邪で行けなかったやすらい祭(^^ゞ
今年も予定してなかったんですが、ふらりと行ってきました。

(※4月9日撮影)





f0155048_23351757.jpg
今宮神社に到着すると、まもなく祭の行列がやってきました。
川上やすらいの一行です。
「やすらゐ祭」の旗をもった先立が先頭に、剣鉾が続きます。


f0155048_23353146.jpg
剣鉾の後ろには桜、山吹や椿で彩られた傘が登場。


f0155048_23353915.jpg
そして、赤熊をかぶった子鬼、大鬼。


f0155048_23355312.jpg
今宮神社名物の2軒のあぶり餅屋さんの前で、演舞をされます。


f0155048_2336291.jpg
太鼓や鉦を打ち鳴らしながら、クルリ、クルリ。


f0155048_23364055.jpg
赤熊がそのたびに大きく揺れます。


f0155048_23365861.jpg
独特のリズムの曲と歌。
印象的なんですよね~。


f0155048_23372360.jpg
もう一組行列が入ってきました。
上野やすらいです。


f0155048_23373174.jpg
こちらにも子鬼と大鬼がいます。


f0155048_23373493.jpg
こちらもあぶり餅屋さんの前へ。


f0155048_23381649.jpg
そして、演舞が始まります。


f0155048_23382916.jpg
力強く跳び回る大鬼の舞。


f0155048_23392822.jpg
赤熊を振り乱し、雄々しい姿。
「やすらい花や」の掛け声は、「桜よ、散り急がないで」の意味です。


f0155048_23394058.jpg
本殿前では神事が行われていました。
今年は桜が遅れたので、本殿脇のしだれも満開。


f0155048_23401289.jpg
まずは川上やすらいの一行が入ってきます。


f0155048_23405265.jpg
こちらは川上大神宮の氏子による行列なんですね。


f0155048_23411036.jpg
そして、赤い旗の上野やすらい。


f0155048_23414273.jpg
こちらは光念寺の檀家さんによる行列。


f0155048_23422872.jpg
神事が終わり、笛・太鼓・鉦を鳴らしながら、花鎮めの歌を歌います。
花の精につられて、疫神が悪疫を撒き散らすと考えられていた古来からの、厄払いの神事なんですね。


f0155048_23431436.jpg
お囃子や歌、踊りによって疫神を追い立て、花を模した花傘に宿らせる。
そして、その花傘を今宮神社の疫神社へ送り込み、神様に鎮めてもらうわけです。


f0155048_23435171.jpg
つづいて川上、上野の2つの花傘が本殿に集結し、神事が行われました。


f0155048_23444037.jpg
そして、8人の鬼たちが円を描き、演舞を行います。


f0155048_23452146.jpg
さらに舞殿前でも8人の鬼が演舞。
私、たまたまいい場所に滑り込んでいました。ラッキー(^^)


f0155048_2346532.jpg
本殿と舞殿をバックに、演舞が始まりました。


f0155048_23463628.jpg
たくさんの観客が見守ります。


f0155048_23464494.jpg
そして、行列が今宮神社を出てきました。


f0155048_23465776.jpg
二組の子鬼たち。
かわいらしいですね(^^)


f0155048_23471576.jpg
あぶり餅屋さん前にて。


f0155048_2358262.jpg
帰りにも再びここで演舞があるんです。


f0155048_23481544.jpg
振りかぶって・・・


f0155048_23495646.jpg
跳びながら半回転。
間近で迫力ある演舞を見ることができました。


f0155048_23573029.jpg
今宮神社を出た一行は、黄色い札のあるお宅をめぐります。
そして、そのお宅の玄関先で演舞。この日はこの界隈のあちこちでこんな光景が見られます。

京都三大奇祭のひとつ、今宮やすらい祭。楽しませていただきました。
by kwc_photo | 2017-04-17 06:31 | 京都(Kyoto) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kwcphoto.exblog.jp/tb/27714867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-04-17 06:36
Katsuさん、今宮神社さんのお祭りの大作を有り難うございます。
桜も愛でながらで、バグースですね。
京都はやっぱり通いたいですね。
でも、秋までは行けないかな。
Commented by 雪だるま at 2017-04-18 05:39 x
こんな祭りがあったのですね
少しも知りませんでした
祭りは音
この祭りの音を聞いてみたいですね
Commented by j-garden-hirasato at 2017-04-18 06:19
みんな鬼なんですか。
こんなお祭りがあるとは、
知りませんでした。
赤毛なのがオモシロいですね。
子鬼もたくさん参加。
大きくなったら、勇壮に踊るんですね。
Commented by kwc_photo at 2017-04-18 23:35
>umi_bariさん
この日は朝に桜を撮ったあと、都をどりに行っていたんです。
で、曇っていたんで、帰りは桜を撮るのはやめようかなと
思っていたら、このお祭りのことをリマインドしてもらったので
急遽思いついて出かけてきました。
今年は人も少なめで、(多分桜が遅かった分、そちらへ流れた
のでしょうね)比較的ゆったり撮れました(^^)
Commented by kwc_photo at 2017-04-18 23:35
>雪だるまさん
ご存じなかったんですね~。私も数年前まで知りませんでした。
桜を追いかけていると見逃しちゃうお祭りです(笑)
祇園祭と同じような鉦の音と、太鼓の音。シンプルで、そして
不思議な音色の中で行われる舞はなかなか味があります。
Commented by kwc_photo at 2017-04-18 23:35
>j-garden-hirasatoさん
花の咲く陽気に誘われた災厄が、花の散るころに悪さをする、
という考えから、花よ散り急ぐな、という意味の「やすらえ、花や」
という歌をうたい、舞をまう祭なんです。
鬼の格好はなかなかカッコよくて、子鬼の子たちも、いずれ
自分たちもああやって踊るんだ、という思いを持って見ている
と思います。伝統文化の伝承がしっかり根付いている好例だと
思います(^^)
名前
URL
削除用パスワード
    
<< 京都の桜2017 花盛りの三十三間堂 京都の桜2017 瑞光寺の枝垂れ桜 >>